ニュース

6月28日(金)PTA成人部 鑑賞会

2019/07/16

6月28日金曜日、梅雨空が続くなか、悪天候も予想されていましたが、お天気にも恵まれ、PTA成人部企画、東京宝塚劇場「オーシャンズ11」鑑賞会が行われました。

2011年の新人公演で主人公ダニー・オーシャンを演じた真風涼帆さん(ポスター中央)、親友ラスティーを演じた芹香斗亜さん(ポスター右)が、同役に挑戦されています。

0628-1.jpg

洗練された街並みの中、 宝塚劇場へ入ると豪華なシャンデリアがお出迎え。

0628-2.jpg 0628-3.jpg

とても人気の企画のため今年は20席増やし、220席が用意されました。この日、宝塚劇場の約10%が逗子開成の保護者で占められました。

0628-4.jpg

宙組の素晴らしい声量の歌声と美しい踊り、期待通りのキラキラ華やかな舞台。 きらびやかで優雅なひとときを過ごす事が出来ました。

カテゴリー :
PTA活動報告

7月16日 遠泳実習延期のお知らせ

2019/07/16
7月16日(火)に予定していた遠泳実習ですが、海水温が低いため実施は不可能と判断しました。よって、実習は7月17日(水)以降になります。
カテゴリー :
お知らせ

松坡文庫研究会の活動  詩人松坡の足跡

2019/07/11

松坡文庫研究会が発足して一年が経ちました。

本会では田辺松坡(新之助)が雑誌等に寄せた文章や漢詩を収集し、漢詩人松坡の足跡を丁寧に辿る作業を続けています。

 隨鷗吟社の月刊誌『隨鷗集』第95編(大正元年10月5日)には、松坡関連の記事が幾つか掲載されています。

 一つは松江「剪淞吟社」の横山耐雪の寄稿で、同年7月中旬(大正改元直前)に大江卓と松坡が松江を訪れ歓待された様子が詳しく紹介されています。大江卓(1847~1921)は明治の政治家・実業家で、漢詩もよくしました。明治初年に神奈川県令を務めたことでも知られています。二人は京都・舞鶴を経て松江に入り、松江の名所を訪ね、出雲大社にも詣でました。

 もう一つは、「山陰游草」と題された松坡の詩25首。鎌倉から松江、更に帰途の随所随所で詠んだ詩が掲載されています。大江卓とともに剪淞吟社の酒宴に招かれた折に詠んだ詩には、宍道湖を渡る

心地よい風に当たりながらの夏の宵の酒席の様子が描かれています。

 また、「哭三千女」と題された一篇の詩も掲載されていました。前年石井氏に嫁し、大正元年8月11日に乳児を遺したまま19歳の若さで亡くなった次女を悼んでの詩です。

 泣抱遺孫奈老親

(泣きて遺孫を抱き 老親いかんせん)

 由來薄命可憐身

(由来薄命 憐れむべき身)

 三千世界傷心日

(三千世界 傷心の日)

 二十年時瞥眼春

(二十年の時 春を瞥眼す)

 源氏山松生夕籟

(源氏山 松に夕籟生じ)

 尼將軍墓結幽鄰

(尼将軍 墓を幽鄰に結ぶ)

 不堪梧葉先秋落

(堪えず 梧の葉先ず秋に落つ)

 夢寐猶疑事未眞

(夢寐になお 事未だ真ならずと疑う)

詩に詠まれている通り、三千は寿福寺に葬られ、後に田辺松坡夫婦の墓もその隣に建てられました。

『隨鷗集』の記事.JPG

『隨鷗集』所載の「山陰游草」

寿福寺墓所.JPG
向かって右が田辺新之助・鍈の墓、左が石井三千の墓
カテゴリー :
松坡文庫研究会

コール・レーネ 7月14日(日)第17回演奏会のお知らせ

2019/07/11

逗子開成コール・レーネの第17回演奏会のお知らせです。

2019年7月14日(日)

会場は、逗子文化プラザ なぎさホール

入場料は500円(全席自由席)

団員一同、皆さまのご来場お待ちしています。

ただ今PTA総会発表に向けて「真白き富士の根」混声合唱練習中です。
4月20日PTA総会も是非ご来場ください。

総会当日の本番で、広報部長が歌詞を間違えましたが、楽しく歌いきりました。

198550-1.jpg

カテゴリー :
PTA活動報告

7月11日(木)遠泳順延のお知らせ

2019/07/11
7月11日(木)に実施予定の遠泳は、水温が低いため順延とします。 実習は、7月12日(金)以降になります。
カテゴリー :
お知らせ
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る