ニュース

新型コロナウイルス感染拡大に伴う逗子開成の対応

2020/04/07

 新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言の発令により、生徒の安全確保と社会的感染防止の観点から、4月19日までとしていた臨時休校期間を5月6日まで延長する措置をとりました。この間の登校日は設けず、オンラインを介した自宅学習といたします。

 本校では、日頃から生徒・保護者と教職員の相互の連絡等は学内サイト「Gonzui-Portal(ゴンズイポータル)」を用いて行っております。3月2日から続く休校・家庭学習期間はポータルを通じてGoogle共有ドライブやGoogle Classroomを活用しながら指導を行ってきました。今後もポータルを中心に、Google Hangouts Meetやスタディ・サプリなど様々なツールを用いて、生徒状況の確認と、学習指導(課題や教材の配布・配信や生徒からの提出など)を行います。

 本校では多くの行事を予定しておりましたが、残念ながら延期や一部は中止するなどの行事の再編成を行います。オープンキャンパスや外部向けの公開行事については、別途お知らせいたします。

 今後の状況次第ではさらなる変更が必要となるかもしれませんが、逗子開成では生徒の安全を最優先して対応してまいります。

カテゴリー :
お知らせ

2020年度 逗子開成中学高校入学式 学校長式辞  2020.4.7

2020/04/07

 満開だった桜も散り始め、新学期を迎えるにふさわしい気候になってきました。しかし、残念ながら新型コロナウィルスの影響で、なかなか授業開始のめどがつかず入学式も通常のような形で実施することができませんでした。そのような中、保護者の皆様には入学式にご出席をいただき、こころからお礼申し上げます。

中学1年282名、そしてこの場には出席していませんが高校1年275名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。皆さんが逗子開成中学高校での輝かしい第一歩を踏み出すにあたり、私から一言お話をしたいと思います。

中学高校6年間の学校生活のなかで皆さんに期待することが2つあります。

それは、"自ら学ぶ姿勢を身に着け自立した人間になれるようにする"ということと"この6年間で自分がどのような存在かを知り、どこに向かっていくのか目標を定める"ということです。

逗子開成での日々の授業や行事、クラブ活動などの教育活動が、いま述べたことにつながっていきます。しかし、自分自身がそのような気持ちをもっていないと実現しないでしょう。皆さんは、自分の良い点や可能性について考えたことがあるでしょうか?

今現在の自分が、自分のすべてでしょうか。小さい頃から比べたら色々なことができるようになっています。自転車に乗れるようになった、逆上がりができるようになった、楽器が演奏できるようになったなど数え上げたらきりがありません。いままでできなかったことができるようになっているのです。これからの学校生活の中でも、できることが増えるでしょう。そして、できないと思っていることができるようになるかもしれません。今の自分とは変わっていくのです。ただし自分自身が何とかしようと思わなければできるようにはなりません。中学3年の遠泳で逗子湾を泳げるようになるというのもその一つの例と言えるでしょう。皆さんは、自分自身の能力や適性、好き嫌いなどについて自分で決めつけていませんか。ちょっとした経験やきっかけで、物事が好きになったり嫌いになったりするものです。今までの僅かな経験だけで、自分の適性などを判断するのはもったいないことです。自分が本来持っている可能性を閉ざしてしまうことになりかねません。まずは選り好みせず失敗してもいいからチャレンジしましょう。大人になり社会に出たとき、中高生時代にしたことではなく、やらなかった事を後悔するものです。様々な経験をし、自分の成長に資する蓄えを沢山つくることです。

次に、いま自分のいる場所が世界のすべてでしょうか。もちろん知識としては自分のまわりには広い世界が存在しているのは知っているでしょう。しかし、普通に暮らしていると、自分が通っている学校と家庭が自分のいる場所のほとんどだと感じ、あまり外の世界について意識することは少ないはずです。自分が今関わっている場所以外に別の場所があること、ものの見方や考え方、価値観など違う世界があることに気づいていないかも知れません。居心地の良い場所から一歩外に出ることには勇気が必要です。自分の慣れ親しんだ世界に閉じこもっているのは楽ですが、それでは一面的なものの見方や考え方しかできず成長は望めません。

みなさんは今回の新型コロナウィルスの影響で、家で過ごす時間が長く、もっと外に出て何かをしたいとうずうずしているのではないでしょうか。ある意味居心地の良い家から外にでたいと思うのは、家の外にはおもしろいことがたくさんあると知っているからです。しかし、もし家の中の世界がすべてで外の世界を知らなかったとしたらそうは感じないはずです。

皆さんの周りには未知の世界、大きな世界が広がっています。日々の学習を通してその世界について学ぶことができます。また、逗子開成では、通常の学校生活だけでは経験することができない、外の世界を知るチャンスがたくさんあります。海洋教育や海外研修など様々な行事が皆さんの世界を広げるチャンスとなるでしょう。

さて、逗子開成の校名にある「開成」は、中国の古典「易経」の「開物成務」

という言葉に由来があります。また、校章の「ペンと剣」はイギリスの作家ブルワー・リットンの「ペンは剣よりも強し」を図案化したものです。

 この校名と校章の意味について自分で調べ考えてみてください。これは今日皆さんに与える私からの課題です。これから学校生活を送る上でのヒントになるはずです。

繰り返しになりますが、この中高6年間でしっかり学び、体を鍛え色々な経験をし自立した人間になってください。また、この中高6年間のなかで自分がどのような存在なのか考え、そして何を目標として進んでいくのか模索してほしいと思います。

そして、皆さん一人ひとりが逗子開成の歴史を作っていくんだという意気込みで学校生活を送ってください。

遅くなりましたが保護者の皆様、ご子息のご入学誠におめでとうございます。現在は新型コロナウィルスの影響で通常の教育活動ができていませんが、臨機応変に対応しながら教職員一同、ご子息が充実した学校生活を過ごし、大きな成長を遂げられるように全力を尽くします。ご子息の教育には学校とご家庭の協力が不可欠です。保護者の皆様には、本校の教育活動にご理解をいただき、ご支援とご協力をお願いいたします。

それでは、新入生の皆さんが、今日の喜びと感激を忘れずに、健康で楽しく、自分の成長が実感できる学校生活を送るよう期待しています。

以上をもちまして入学式の式辞といたします。 学校長  高橋 純

IMG_4271.JPG

カテゴリー :
学校学年行事

ZUSHI KAISEI COOKING - 男子校ごはん -

2020/03/31

COOKING ロゴ.jpg

<プロローグ>

2020年3月、とある日。

家庭科の調理実習用の食材が学校に届きました。

生徒は休校期間中です。このままだと食材を廃棄しなくてはいけません。

せっかくの機会なので、先生たちで調理実習を行おうということになりました。

みんなにも家で作ってもらいたいので、調理の様子を動画にして配信しようとなりました。

ここにめでたくZUSHI KAISEI COOKING が誕生。さあみんなも家で料理に挑戦しましょう。


<ルール>

・食材を無駄にしない。分量などをよく読んでから調理に取り掛かりましょう。

・必ず誰かに食べてもらう。食べてもらった方に感想を聞きましょう。

・後片付けまで行う。作りっぱなしは厳禁です。きちんと使った調理器具が現状復帰しましょう。

<つくれぽ>

作った料理をみんなで共有しよう。キャラ弁も可。

アンケートには、写真の画像や調理動画などもアップロード出来ます。

https://forms.gle/TfSqqwFV2JqqMRSW6


<手の洗い方>

料理をするにも、まずは手洗いから。

参考動画→

<バター>

2020年3月31日(火)更新

生クリームを振って振って振りまくれ!

手作りのバターをパンに塗ってトーストしたら絶品です。

この感動をみんなにも味わってもらいたいです。

調理参考動画→https://youtu.be/QYPJXLMnSyE

<ミートソース>

レシピは自分で探して下さい。分量も自分が一番美味しいと思う黄金比を見つけて下さい。

結果によっては「これは餃子の中身だね。」とか「これ、トマトパスタだね。」と言われるかもしれません。

※高校2年生のKくんは、レシピ通りの分量で作ったらニンジン感が強かったそうです。

調理参考動画→https://youtu.be/BvULVA0_VRo

<クリームパスタ>

とっても簡単に作れて美味しい!しかも洗い物も少ない。

調理参考動画→https://youtu.be/7OWZzk2G3rU

<スポンジケーキ>

レシピ→ ポンジケーキ レシピ.pdf

調理参考動画→

<みたらし団子>

おだんごを丸めるときに手に付いてしまう。それをクリアするのがポイントです。

レシピ→ みたらし団子 レシピ.pdf

調理参考動画→

<まんじゅう>

生地を包むのが難しい。和菓子屋さんの技術が凄いことを実感できます。

レシピはこちら→ まんじゅう レシピ.pdf

調理参考動画→ https://youtu.be/X2hN8c9uO8s


<素朴な疑問>

自由研究などレポートの題材してみてはいかがでしょうか?

調べて分かったことがあったら教えて下さい。

・「フードロス」って何?どうやったら防げそう?
・食材の「旬」について調べる
・食器の歴史(陶器と磁器の違いなど)
・耐熱ガラスは普通のガラスと何が違うの?
・おいしい、おいしくないはどこで判断しているの?舌?脳?

・世界のテーブルマナー(日本では麺は音を立てて食べるのが美味しさの表現だけど、フランスでは?)

カテゴリー :
その他の活動

2020年度大学合格実績 3月30日 13:30現在

2020/03/30

※次回の更新は、4月22日頃を予定しています。

国公立大学

2020年度2019年度
大学名合格現役合格現役
東京大
東京工業大
一橋大
京都大
北海道大
東北大
大阪大
名古屋大
神戸大
九州大
札幌医科大
北海道教育大
横浜国立大
横浜市立大
秋田大
国際教養大
都留文科大
東京都立大
東京海洋大
東京学芸大
東京芸術大
東京外国語大
東京農工大
電気通信大
筑波大
茨城大
弘前大
新潟大
山形大
山梨大
名古屋工業大
前橋工科大
富山大
千葉大
埼玉大
信州大
高崎経済大
金沢大
金沢美術工芸大
浜松医科大
静岡県立大
岐阜薬科大
静岡大
大阪府立大
山口東京理科大
三重大
広島大
山口大
鳥取大
高知大
高知工科大
愛媛大
徳島大
長崎県立大
宮崎大
滋賀大
琉球大
その他国公立大
国公立大学合計
9
10
1
2
6
11
1
2

4


22
2



8



1
2
5
6

1
1
1
1
1

1
4
1
3

1
1


1

2

1
1
1
1

1



1
1
1

119
6
8
1

4
8
1
1

3


17
2



7




2
3
5


1




1
2
1
2

1
1


1

2


1







1
1
1

84
4
9
4
3
10
10
5

1

1

15
3


1
4
4
1

2
1
1
2
1

3

4

1

4
1
3
1


1
1

2

1

2


1

1
2
1
1

2

114
1
8
4
3
5
8
5

1

1

12
3


1
4
2
1

1

1
1
1







2

2
1



1

2

1

2


1


2
1


2

80

私立大学

2020年度2019年度
大学名合格現役合格現役
早稲田大
慶應義塾大
上智大
国際基督教大
東京理科大
明治大
青山学院大
立教大
中央大
法政大
学習院大
立命館大
同志社大
芝浦工業大
東京都市大
日本大
その他私立大
私立大学合計
93
50
36
4
89
113
31
40
58
43
7
12
3
64
41
65
294
1043
68
38
32
3
76
92
20
34
32
30
6
10
3
51
10
45
209
759
49
48
42
4
85
112
43
51
63
39
5
12
7
58
22
68
255
963
40
32
32
4
62
80
34
37
49
20
2
9
6
46
12
47
198
710

省庁大学校

2020年度2019年度
大学名合格現役合格現役
防衛大学校
防衛医科大学校
気象大学校
航空保安大学校
水産大学校
清水海上技術短期大学校
4
1


1
2
1


1
1
2


1
1
1
2



医学部医学科内訳

2020年度2019年度
大学名合格現役合格現役
北海道大
東北大
札幌医科大
弘前大
新潟大
山形大
山梨大
筑波大
群馬大
信州大
岐阜大
横浜市立大
浜松医科大
鳥取大
山口大
高知大
宮崎大
琉球大
防衛医科大学校
慶應義塾大
東京慈恵会医科大
日本医科大
日本大
聖マリアンナ医科大
昭和大
東邦大
東京医科大
岩手医科大
埼玉医科大
愛知医科大
川崎医科大
金沢医科大
兵庫医科大
杏林大
北里大
帝京大
順天堂大
国際医療福祉大
東海大
近畿大
獨協医科大
東北医科薬科大
福岡大
プレーベン医科大
その他医学部
医学部合計

1

1

1

2

1

1

1
1


1
1


6

2
4
3
1







2


2
3


2
1
1

38

1





1

1

1





1
1


4

1
3
3
1







2


1
2


1



24

1
1

3

3


1

1
1



1

2


2
2
2
2
2

1






1


2
2






30


1






1

1






2



1
1














1






8

海外大学

2020年度
大学名合格現役
クイーンズランド大
トロント大
プレーベン医科大
1
1
1
1


カテゴリー :
大学合格実績

2019J3年賀状コンテスト

2020/03/26

2020年になって早3ヶ月が経とうとしています。

この春卒業した中学3年生が1月に年賀状コンテストを行いました。優秀作品を紹介します。

講評は2人の美術の先生にいただきました。


<金賞 2作品>

F組 Kくん

J3F桑田航希君年賀状.JPG

画面右側に寄せた横顔、その向かう先に余白をつくることで、これから始まる2020年に思いを致す、という意図をもった良い構図です。

B組 Tくん

J3B田中大暉君年賀状.JPG

  墨字の子というネズミと色鉛筆で混色したグラデーション、画面配置のバランスが絶妙!日本の風物詩を感じますね!


<銀賞 2作品>

G組 Kくん

J3G倉持洸希君年賀状.JPG

鼠=ソニックという大胆な解釈をもとに、オリンピックイヤーのスポーティな雰囲気が出ています。中二の授業で学んだ一点透視図法も活かされています。

F組 Iくん

J3F磯 知樹君年賀状.JPG

手前のマッチョねずみ君達に目が釘付け!!!

モダンテクニックをいかした背景の墨汁のしぶき、筆先の描写は、躍動感がありますね!


<銅賞 3作品>

G組 Iくん

J3G岩本大知君年賀状.JPG

大人気の漫画『鬼滅の刃』の幼少の主人公たちが描かれています。漫画の内容と照らし合わせると、ネズミが不穏な存在にも見えてしまいます・・・。

C組 Wくん

J3C渡邊佳祐君年賀状.JPG

紅白のカーテンから「そぉ~」と出てきた大きなネズミ君!ぬくぬくとした温かさが漂う一枚、寒い日には最高~!

A組 Mくん

J3A真船倖輔君年賀状.JPG

ビジネス書の『チ―ズはどこへ消えた?』(スペンサー・ジョンソン著/扶桑社)に着想を得たと思われます。迷路の中で失われたチーズ(自らの大切にするものの象徴)を、待ち続けることなく主体的に探す、という決意の表れと受け止めました。


<全体講評>

金賞2、銀賞2、銅賞3という結果となりました。

 金賞の2点はいずれも年賀状の趣旨を理解し、それにふさわしい表現がなされていました。また、デジタルによる作画が年々増えてきています。iphone上で指で描いた漫画が出版される時代ですから、年賀状にもデジタル作画が取り入れられていくことは、自然な流れかと思います。一方で、デジタルには出せないアナログのよさも、かえって引き立って見える時代であるとも言えるでしょう。

 年賀状に限らず、表現は代替不可能なものです。イラストの模写だけでなく、自分の意図をもった表現が入ってくるとなお良いですね。

カテゴリー :
学校学年行事
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る