ニュース

2024年 中学3年生遠泳大会

2024/07/08

7月5日(金)、中学3年生の遠泳大会が行われました。

朝8時半、グラウンドに生徒が集まり整列完了。

IMG_5672.jpg

そしてグラウンドの端では先生達とライフセーバーの方々が集まり最後の打ち合わせをしていました。

この日のためにたくさんのご準備ありがとうございました。

IMG_5670.jpg

生徒司会のもと開会式が行われました。

IMG_5673.jpg

校長先生の話

IMG_5674.jpg

学年主任の話

IMG_5675.jpg

代表生徒の話

IMG_5677.jpg

白い体操服を着ているのはこれから遠泳大会に挑む中学3年生。

薄紫色のTシャツを着ているのは水泳部。そして紺色のTシャツはヨット部の生徒たち。

IMG_5679.jpg

遠泳大会を実施するために協力してくれる水泳部とヨット部に感謝の気持ちを伝えます。

IMG_5678.jpg

3年間ずっと一緒に歩んできた体育の早水先生からの話

IMG_5681.jpg

開会式が終わり、海へ向かいます。

IMG_5682.jpgIMG_5683.jpg

IMG_5685.jpgIMG_5686.jpg

トンネルを抜けると眩しい太陽と青空が広がっていました。

遠泳日和!

IMG_5687.jpg

遠泳が始まる前の海では、ヨット部と水泳部たちが救助艇の準備をしてくれています。

IMG_5689.jpgIMG_5705.jpg

中学3年生は第1団、第2団、第3団と3つのグループに分かれて出発します。

第2団の生徒たちはテントの下で待機です。

IMG_5692.jpg

第1団の生徒たちが準備を終え集まってきました。がんばるぞ!

IMG_5699.jpg

泳ぐ前には準備体操をしっかりと。

IMG_5702.jpg

いよいよ出発です。

IMG_5709.jpgIMG_5714.jpg

IMG_5719.jpgIMG_5720.jpg

ライフセーバーの方々と周りを泳ぐ水泳部たちがみんなの安全を守ります。

IMG_5721.jpgIMG_5722.jpg

いってらっしゃい!

IMG_5727.jpgIMG_5731.jpg

海岸からはたくさんの保護者の方々が見守ってくださっていました。

IMG_5733.jpgIMG_5734.jpg

本部からは校長先生も生徒たちの完泳を祈り見守ります。

IMG_5738.jpg

いつの間にか海岸からはほとんど見えないほど遠くまで泳いで行ってしまいました。

みんながんばれ!

IMG_5736.jpgIMG_5732.jpg

第1団の生徒たちのビーチサンダルも、まるでみんなの帰りを待っている様です。

IMG_5737.jpg

逗子開成ビーチサンダルを発見!

IMG_5739.jpg

砂浜ではみんなの帰りを待ちながら、海岸の枯れ木やごみを拾っていました。

環境のことを考え、こうした行動ができるからこそ、遠泳やヨット実習のような学校の行事として逗子の海を使うことが出来るのですね。

IMG_5735.jpg

出発から30分後の海。

IMG_5740.jpgIMG_5743.jpg

本部のテントには生徒がたくさん。

IMG_5750.jpgIMG_5751.jpg

熱中症対策のひとつとして、たくさんのスポーツドリンクや飴などが用意されていました。

IMG_5814.jpg

待機していた第2団の生徒たち。先生が出発に向けての話をし終えると、「やっとはじまる!」と立ち上がり、泳ぐ準備をはじめます。

準備が終わり、再び海へ戻ってきた生徒たちに先生が水をかけてあげていました。

IMG_5754.jpgIMG_5756.jpg

まだまだかけます。

IMG_5761.jpg

後ろを振り返るとヨット部が何か運んでいました。

IMG_5759.jpg

遠泳完泳のゴールの準備をしてくれていたのですね。

IMG_5764.jpg

あとちょっと!

IMG_5766.jpg

ゴール!

IMG_5767.jpg

列ごとに手をつないだ第1団の生徒たちが戻ってきました。

IMG_5771.jpgIMG_5775.jpg

「バディ!」という先生の声とともに、繋がれた手が高くあがります。

第1団のみんな、おかえりなさい。

IMG_5780.jpgIMG_5782.jpg

そして写真撮影。泳ぎ切った達成感、眩しい笑顔でハイチーズ!

IMG_5793.jpg

第2団、出発。

IMG_5789.jpgIMG_5794.jpg

遠泳を終えた第1団、砂を落としてシャワー室へ。

IMG_5797.jpg

途中すれ違った、第3団の生徒たち。

F09F925A-AB2F-4364-BC85-E90327F4E3B7_1_105_c.jpeg307104D2-D069-4025-A564-758DD5F6A292_1_105_c.jpeg

そして海洋教育センターに向かうと、着替え終わった生徒たちにおしるこが配られていました。

IMG_5859.jpgIMG_5812.jpg

第2団も無事帰って来ました。

IMG_5824.jpg

おかえりなさい!

IMG_5826.jpgIMG_5827.jpg

IMG_5829.jpgIMG_5837.jpg

IMG_5853.jpg

おしるこで乾杯!

EBE5A37C-F6F7-45F0-B4E1-222A912274A9_1_105_c.jpeg

勢い余ってこぼれそうになりながらも楽しそうです。

1614BA52-4313-4984-B6F7-FE1F42651559_1_105_c.jpeg

1500m泳ぎ切った後もまだまだ元気!

IMG_5925.jpg

と思ったら.........

IMG_5862.jpg

さすがに疲れちゃいましたよね。みんな頑張りました。本当にお疲れ様でした。

IMG_9009.jpg

海岸に向かう途中、「えーんやこーらー!」と風に乗って掛け声が聞こえてきたので海の方に近づくと、遠くに第3団の泳いでいる姿が見えました。

遠くて顔は見えないけれど、掛け声でみんなの表情が浮かんできます。

IMG_5872.jpg

第3団も完泳しました!

IMG_5876.jpgIMG_5877.jpg

IMG_5879.jpgIMG_5897.jpg

閉会式

IMG_5903.jpg

校長先生

「長い間練習してきたこと、今日は自分を思いっきり褒めてあげてください。遠泳は卒業生に聞いても人生の中で思い出に残ったと語られる行事なので、今日の出来事を仲間と語りながら人生のプラスにしていってください。」

IMG_5905.jpg

学年主任町田先生

「『奇跡のような行事』を無事終えられたこと、とてもよかったです。」

「泳いでいる最中も、声をかけ合って......」と言葉が詰まり、涙ぐみながら話をする先生。自分自身に泳ぎに不安があるにもかかわらず周りの友達に「がんばろう、がんばろう」と声をかけ続けていた生徒を思い出してのことだったそうです。

町田先生のお話から、本当に今日の遠泳という行事が『奇跡のような行事』であり、それを無事終えることが出来たこと、今までのたくさんの人の協力、生徒の頑張り、全てを語らずともそんな気持ちがみんなの心に届き、気づくと生徒からは自然と拍手が起こっていました。

IMG_5907.jpgIMG_5908.jpg

代表生徒

「僕はこの学校に入る前まで泳ぎが苦手で、この日まで必死に練習してきました。今日無事に完泳できたのは先生方の指導はもちろんですが、その他にもたくさんの人の協力があってできたことなので感謝しています。

そして無事に完泳できて、本当に、安心しました。」

IMG_5912.jpg

早水先生

「君たちのやりきった、達成したという顔を見て本当に良かったと思います。そして、みんな本当によく頑張ったと思います。本当によく頑張った。その言葉に尽きます。」

IMG_5913.jpg

協力してくださった方々に感謝の気持ちを伝えました。

IMG_5914.jpgIMG_5915.jpg

今日を無事に終えるために協力してくださった方々、本当にありがとうございました。

IMG_5921.jpgIMG_5923.jpg

そして中学3年生のみんな、本当に、本当にお疲れ様でした!

カテゴリー :
学校学年行事

夏休み見学会(7月22・23・24日)のお知らせ

2024/07/08

夏休み見学会のお知らせです。

夏休みの学校の様子を見てみませんか?

30分程の説明会の後、グループに分かれて教員がご案内します。

以下の日時で全6回行います。所要時間は各回90分程です

7月22日(月) 10:00~

7月22日(月) 13:00~

7月23日(火) 10:00~

7月23日(火) 13:00~

7月24日(水) 10:00~

7月24日(水) 13:00~

7月6日(土)9:00から申し込み受付開始です

お申込み、および詳細の確認はこちら(イベント申し込みサイト)からお願いします。

夏休み見学会パネル.jpg

カテゴリー :
説明会・公開行事情報

帰国生入試説明会 お申込み受付中

2024/07/08

7月26日(金)、本校徳間記念ホールにて、帰国生入試説明会を対面にて開催します。

帰国生の普段の学校生活の様子や、帰国生入試問題の解説と勉強法のアドバイス、2025年度帰国生入試要項の内容などを知っていただく機会となればと思います。

全体への説明会のあと、小グループにわかれて、校内施設見学や個別相談なども実施できればと考えています。

お申込み、および詳細の確認はこちら(イベント申し込みサイト)からお願いします。

また、本校の帰国生入試をご検討くださっている方で、こちらの説明会にご参加いただけない方には説明会の事後、説明会の動画や当日の配布資料をメールでお送りすることもできます。

ご希望の方は、逗子開成HPのお問い合わせからご連絡ください。

帰国生入試説明会.jpg

カテゴリー :
説明会・公開行事情報

オンライン座談会のお知らせ

2024/07/07

7月30日(火)に進学相談.com主催のオンライン座談会に参加します。詳しくは下記をご覧ください。

私立中学の魅力ってナンダ⁈先生たちがホンネで語る座談会


私立中学校の魅力を先生たちがホンネで語るオンライン座談会を開催します!

中学受験を予定されている方はもちろん、迷われている方や、まだお子さまが小さい方もぜひご参加ください。

このイベントはZoomウェビナー形式でライブ配信され、視聴者の皆さんも匿名で質問が可能です。参加者の顔や声、名前は表示されませんので、ご自宅や外出先からリラックスしてご参加いただけます。また、お申し込みの方限定で、後日アーカイブ動画も配信いたしますので、「子どもや家族にも見せたい!」という方はぜひご予約ください。

敷地の広さは心の広さ!神奈川男子校にリンクする

日時:7月30日(火)18:00~19:00
参加校:浅野中学校 サレジオ学院中学校 逗子開成中学校 桐光学園中学校 

ご予約はこちら

ホンネ座談会-1.png

カテゴリー :
説明会・公開行事情報

シネマ倶楽部】『桜色の風が吹く』鑑賞文

2024/06/30

6月12日・13日に中学1~3年生が『桜色の風が吹く』を鑑賞しました。


(作品概要)

9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも、大学へ進学し、世界ではじめて盲ろう者の大学教授となった東京大学先端科学技術研究センター教授・福島智さんをご存じだろうか。これは、そんな智さんと母の令子さんの実話にもとづく物語。

関西の町に暮らす令子は教師の夫と3人の息子と幸せな日々を送っていた。末っ子の智は幼少時に視力を失いながらも、家族の愛に包まれて天真爛漫に育つ。やがて令子の心配をよそに東京の盲学校で高校生活を謳歌。だが18歳のときに聴力も失う。孤独にある智に立ち上がるきっかけを与えたのは、令子が彼との日常から見出した、新たなコミュニケーションの「手段」だった...。

自分の可能性を諦めない智を支え、母としてのたくましさを得ていく主人公・令子を、『ALWAYS三丁目の夕日』をはじめとする映画で印象を残した小雪が熱演。智役は、気鋭の若手俳優・田中偉登。愛すべき楽天的な姿とともに内面の深さをも体現した。真摯で温かな人間賛歌に、鑑賞後は、生きる希望と優しい気持ちに満たされるだろう。

桜色の風が咲く①.jpg

※生徒の鑑賞文には映画の内容も含まれますのでご注意ください。

(J2G Iくん)

 「生命は自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい。」

これは、物語の終盤で主人公の母、令子が放った言葉だ。この物語は九歳で両目を失明し、さらには十八歳で両耳が全ろうとなった障害を乗り越えて、世界で初めて全盲ろうで大学教授となった福島智という人の半生を描いている。映画の中で、主人公の智は光が差し込まず、音が響かない暗闇に独りで放り込まれる。そして、母親の令子は息子の人生の可能性を最後まで否定せずに愛情を注いで、孤立無援の状態で病院の電話をかけ続ける。僕は最初、映画を観ていて結末が分かっていたとはいえ、智が並みの精神力ならばいつか挫折するだろう、と思い込んでいた。しかし、智は、その先入観を取っ払って、時にはやりきれなさを叫びつつも堂々と生きていた。ここには両親と二人の兄、そして信じてよいのか分からない名医を初めとする多くの伴走者がついていた。ここで最初に戻りたい。きっと、令子があのような発言をしたのは、智の後ろに大勢の助けがあったことを知っていたからだと思う。そして智も母親が一番の支えであることに気付いている。これは健常者の我々にあてはまるのだろうか。僕は今中学生で、両親と先生を中心に助けられながら生きている。この人たちが突然消えたら、必ず路頭に迷うだろう。仮に生命が自分だけで完結していたら、きっと助けられることのありがたみを知らない、心に温かみのない人になってしまうだろう。我々の喜怒哀楽を発現する心はきっと周りの人達がいてこそあるもので、人は周囲の助けがあってこその自分、そしてその助けに気付き感謝しなければならない。これが映画のメッセージだと感じた。だから僕は自分を失わないように、僕の人生の完結に携わってくれている人から伸びてくる支援の手に気付けるように育ちたい。

カテゴリー :
シネマ情報
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る