ニュース

PTA事業部主催 クリスマススワッグ講座 報告

2019/12/06

11月最終土曜日。晴天の中、アトリエ FIKAの脇坂由紀香先生をお迎えし、PTA事業部主催・クリスマス スワッグ講座が開催されました。

全体図.JPG

会場にはテーブルごとに様々な花材が準備されていました。純白のドライかすみ草、猫じゃらしのようなラグラス、可愛らしいペッパーベリー、ユーカリ等の沢山の草花に作成前から癒されるようでした。

☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆

スワッグとは、アレンジメントの世界では、『揺れるもの、垂れるもの』の意味をなし、スカンジナビア半島での言葉が語源ではと言われているそうです。

今回は、クリスマススワッグという事で、クリスマスカラーを少しずつ取り入れ作成しました。クリスマスカラーには、それぞれ次の意味があるそうで、

→キリストの血

→永遠の命

→純潔、清らかな心

→高貴さ、希望、富と豊かさ

との事。

☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆

主軸となる、枝わけの鋏入れの場所のポイント説明からスタートし、バインディングポイントという、枝と枝が交差する点を見つけてカットしつつ制作。『植物は、太陽に向かって伸び、個性的に成長していきます。』と言う、先生のお話通り、花材は、扱いやすい枝振りのものや、元気の良い枝振りで、カットする場所に迷うものなど個性的で、様々でした。

☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆*::*::*::*::*:☆

最初は不慣れだった参加者も時間が経つにつれ慣れて来て、皆さん 大胆にカットし、楽しく作成していきました。そして、カットした花材を一方方向にスパイラルに束ねていく作業。主軸を決め、主軸に対して右側や左側に交差させながら束ねていく事で、素敵なスワッグの形になります。

はさみいれ.JPG バインディング.JPG

講座の先生や助手役のPTA事業部の方々に沢山のフォローをして頂き、不器用な私でも完成する事ができました。

完成した、スワッグは、今は家の玄関に『垂らして飾って』います。

風通しの良い、直射日光の当たらない場所に飾るのが良いそうです。昨年 作ったスワッグが半年くらい楽しめた人もいるそうです。この講座を通して、クリスマスや、スワッグの歴史を知る素敵なきっかけができました。

出来上がり1.JPG 出来上がり2.JPG

カテゴリー :
PTA活動報告

メディア委員会のクラウドファンディング開始!

2019/11/27

11月27日(水)10:30、メディア委員会の活動にとって、新たなMakuakeを迎えました。

【オープンキャンパスで逗子開成カレンダーを配り、受験生の励みになりたい!】プロジェクトを公開しました。

下記URLよりご確認いただけます。

https://www.makuake.com/project/zushi-kaisei/

「中学受験を頑張る全ての受験生へエールを送りたい」という気持ちから始まった本プロジェクト。

メンバーは何と中学生。クラウドファンディング界でも中学生が行うのは珍しいことのようです。

プロジェクトにご支援いただけるのは先着1000人です。

カレンダー製作費用のための支援金は1000円です。みなさまからご支援いただけたら幸いです。

支援までの手順は 2019クラファンチラシ.pdf でもご確認いただけます。 逗子開成史上初の試みです。ワクワクしています。

本校の教育活動を理解していただき、ご協力していただいたMakuake(マクアケ)様にこの場を借りてお礼申し上げます。


2019クラファンチラシ.jpg

カテゴリー :
生徒会・委員会活動

PTA主催バス旅行「浅草散策と豪華で優美な建物を訪ねて」報告

2019/11/26

11月8日(金)、心配されていたお天気にも恵まれ、過ごしやすい秋晴れの中、PTA主催バス旅行「浅草散策と豪華で優美な建物を訪ねて」が実施されました。

毎年人気のバス旅行プログラムのため、今年度はバス一台を増し、100名を超えるPTA会員が参加することができました。大人数参加のプログラムにも関わらず、予定通り横浜駅を出発し、いざ浅草へ。バスガイドの方が道中、首都高速道路の開発秘話などをお話くださり、豆知識で参加者間での話に花を咲かせながら、最初の目的地である浅草ビューホテルに到着しました。

午前中は当日配布された浅草マップ、事前に収集した浅草情報バスガイドの方におすすめされたスポットなど参加者それぞれが自分の浅草散策コースを満喫しました。

1109浅草.JPG 1109浅草1.JPG

参加者が思い思いに浅草の散策を楽しみお腹が空いてきたところで、浅草ビューホテルの26階にある「武蔵」に集合午前中の散策で楽しんだ浅草の町の眺望楽しみながら、ランチビュッフェの美味しいお料理堪能しました参加者間の会話も弾み、お腹いっぱいの昼食となりました

昼食後はバスで午後の訪問場所である赤坂迎賓館へ向かいました赤坂迎賓館は2016年になって一般公開が始まったばかりの国宝期待に胸を膨らませながら現地へ移動しました。到着してみるとそこは異空間。大都会の中にあるとは思えない広大な緑あふれるスペースにヨーロッパの宮殿を思わせる建物が立っていました建物内の見学では西洋風に見える装飾に兜に日本刀とサーベルが施されているなど和と洋との絶妙な融合に驚き、思わず見入ってしまいました

1109理事長.JPG

最後に迎賓館をバックに参加者で記念撮影をし、横浜への帰路につきました。渋滞もなく定刻通りに横浜駅に到着し、プログラムを終了いたしました。とても充実した一日を過ごすことができました成人部の皆様、プログラムの準備から実施までお疲れ様でした

1109迎賓館2.JPG

カテゴリー :
PTA活動報告

メディア委員会のクラウドファンディング開始間近

2019/11/25

日頃お世話になっているみなさまへ

皆さん、こんにちは!逗子開成のメディア委員会広報部です。

この度、学校のオリジナルカレンダーを作り、来年のオープンキャンパスで配るという企画でMakuakeでクラウドファンディングを始めます!

今回はリターンとして完成したカレンダーとお礼の手紙を用意しています。このカレンダーは逗子開成の魅力がたっぷり詰まっており、また、1年間の世界の祝日が書いてありますのでぜひ、ご確認いただき、ご支援いただけましたら幸いです。

2019年11月27日(水)11時頃からスタートします!

※当日ご支援頂く際にはMakuakeのアカウントが必要になります。もし可能でしたら事前にアカウント登録を行って頂けると、当日の購入がスムーズになります。

▽Makuake新規アカウント登録

https://www.makuake.com/login/

ご支援、ご購入いただけましたら幸いですが、もし宜しければ、身の回りの方に本プロジェクトのことをお知らせ頂くだけでも嬉しいです。

時間をかけて一生懸命立ち上げたこのプロジェクトを成功させたいと思っておりますので、ぜひ、応援のほど、よろしくお願いいたします!!

逗子開成メディア委員会広報部

IMG_2793.JPG

カテゴリー :
生徒会・委員会活動

シネマ倶楽部『グリーン・ブック』鑑賞文

2019/11/25

11月8日に中学3年生、高校1年生が『グリーンブック』を鑑賞しました。

<物語概要>

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニス

トの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー。カーネギーホールを住居とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが・・・。異なる世界に住む二人の壮大なズレに笑い、ツアーの本当の目的に胸を熱くし、極上のラストにスタンディングオベーション間違いなし! 痛快で爽快、驚きと感動の実話!

グリーンブック01.jpg

【注意】鑑賞文は時に映画の重要な内容や結末に触れる場合がありますので、お気を付け下さい。

高校1年 Mくん

「本当の孤独」とは何か。私はこの映画を見ている最中、なぜかこの問いが頭から離れなかった。

 今回の映画は、裕福だが独り身のシャーリーと、生活に苦しんでいるが家族の多いトニーが中心的な登場人物であった。多くはないにしろ、作中で彼らが衝突するシーンは何度かあった。その中でも特に印象的だったのが大雨の中シャーリーが怒り、車から出て足早にその場から立ち去ろうとするシーンである。最後にシャーリーが憤怒の最中に言い放った、「私は孤独だ」という言葉が強く心に響いた。常に冷静で黒人差別にすら屈していなかったように見えた彼も、心の奥底では孤独に苦しんでいたのである。また、旅が終わり、家に帰った二人の対照的なシーンも非常に印象的であった。トニーはドアを開けると大きな歓声に包まれ、熱のこもった厚い歓迎を受ける。シャーリーはドアを開けると、静かな部屋に執事がひとり。執事が帰ると、豪華な部屋の真ん中で、一人ポツンと項垂れるのである。

 それでは、今の私たちはどうだろうか。私たちはSNSで誰とでも連絡がとれ、いつでも誰かと繋がっている感覚を覚えることができるこの時代を生きている。ふとした時に孤独を感じる瞬間は誰しも感じたことがあるはずである。

 広く浅く、数多くの人と繋がることができる現代だからこそ、最後にシャーリーを家に迎え入れたトニーとその仲間たちのように、私たちには一人一人の繋がりに向き合っていく姿勢が求められているのではないだろうか。

高校1年 Uくん

この映画を観る時、まず最初に考えたことはストーリーの意外性だった。「黒人がアメリカ南部を演奏旅行する」と聞いて、最初は「差別に苦しみながらも懸命に...」というような陳腐なストーリーだと思っていたからだ。

 だが、映画を観るにつれてそのようなものではないことに気づいた。なぜなら南部をまわるツアーは黒人ピアニストのドクター・シャーリー自身が考えたもので、しかもツアー先で彼の演奏を聴くのは白人の富裕層ばかりであるからだ。だから南部の黒人は彼の名前も、活躍もほとんど知ることは出来ないだろう。つまりは、シャーリーには人種差別に立ち向かうといった目的はないのである。

 では、なぜシャーリーは南部でのツアーを計画したのだろうか。シャーリーの運転手であり、この映画の主人公であるトニー・リップは、シャーリーの演奏仲間から理由を聞いていた。「勇気」を示すためだ、と。しかしそれはあくまでも意見であった。結局シャーリーの口からそれが語られることはないまま映画は終わってしまった。

 これはあくまでも自分の考察であるが、シャーリーは自分の居場所を探していたのではないだろうか。街の白人からはぞんざいな態度をとられ、農場の黒人からは不思議なものを見る目で見られるシャーリーは、おそらく自分の居場所がない中で、何をすればいいか分からず、必死で考えた結果が南部での演奏旅行なのだろう。

 この映画は、人種差別そのものについての映画ではなく、そこから一歩踏み込んだ、自分のアイデンティティーについて考えることをテーマにした映画であると考えている。

カテゴリー :
シネマ情報
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る