2019年11月 - 逗子開成ニュース

メディア委員会のクラウドファンディング開始!

2019/11/27

11月27日(水)10:30、メディア委員会の活動にとって、新たなMakuakeを迎えました。

【オープンキャンパスで逗子開成カレンダーを配り、受験生の励みになりたい!】プロジェクトを公開しました。

下記URLよりご確認いただけます。

https://www.makuake.com/project/zushi-kaisei/

「中学受験を頑張る全ての受験生へエールを送りたい」という気持ちから始まった本プロジェクト。

メンバーは何と中学生。クラウドファンディング界でも中学生が行うのは珍しいことのようです。

プロジェクトにご支援いただけるのは先着1000人です。

カレンダー製作費用のための支援金は1000円です。みなさまからご支援いただけたら幸いです。

支援までの手順は 2019クラファンチラシ.pdf でもご確認いただけます。 逗子開成史上初の試みです。ワクワクしています。

本校の教育活動を理解していただき、ご協力していただいたMakuake(マクアケ)様にこの場を借りてお礼申し上げます。


2019クラファンチラシ.jpg

カテゴリー :
生徒会・委員会活動

PTA主催バス旅行「浅草散策と豪華で優美な建物を訪ねて」報告

2019/11/26

11月8日(金)、心配されていたお天気にも恵まれ、過ごしやすい秋晴れの中、PTA主催バス旅行「浅草散策と豪華で優美な建物を訪ねて」が実施されました。

毎年人気のバス旅行プログラムのため、今年度はバス一台を増し、100名を超えるPTA会員が参加することができました。大人数参加のプログラムにも関わらず、予定通り横浜駅を出発し、いざ浅草へ。バスガイドの方が道中、首都高速道路の開発秘話などをお話くださり、豆知識で参加者間での話に花を咲かせながら、最初の目的地である浅草ビューホテルに到着しました。

午前中は当日配布された浅草マップ、事前に収集した浅草情報バスガイドの方におすすめされたスポットなど参加者それぞれが自分の浅草散策コースを満喫しました。

1109浅草.JPG 1109浅草1.JPG

参加者が思い思いに浅草の散策を楽しみお腹が空いてきたところで、浅草ビューホテルの26階にある「武蔵」に集合午前中の散策で楽しんだ浅草の町の眺望楽しみながら、ランチビュッフェの美味しいお料理堪能しました参加者間の会話も弾み、お腹いっぱいの昼食となりました

昼食後はバスで午後の訪問場所である赤坂迎賓館へ向かいました赤坂迎賓館は2016年になって一般公開が始まったばかりの国宝期待に胸を膨らませながら現地へ移動しました。到着してみるとそこは異空間。大都会の中にあるとは思えない広大な緑あふれるスペースにヨーロッパの宮殿を思わせる建物が立っていました建物内の見学では西洋風に見える装飾に兜に日本刀とサーベルが施されているなど和と洋との絶妙な融合に驚き、思わず見入ってしまいました

1109理事長.JPG

最後に迎賓館をバックに参加者で記念撮影をし、横浜への帰路につきました。渋滞もなく定刻通りに横浜駅に到着し、プログラムを終了いたしました。とても充実した一日を過ごすことができました成人部の皆様、プログラムの準備から実施までお疲れ様でした

1109迎賓館2.JPG

カテゴリー :
PTA活動報告

メディア委員会のクラウドファンディング開始間近

2019/11/25

日頃お世話になっているみなさまへ

皆さん、こんにちは!逗子開成のメディア委員会広報部です。

この度、学校のオリジナルカレンダーを作り、来年のオープンキャンパスで配るという企画でMakuakeでクラウドファンディングを始めます!

今回はリターンとして完成したカレンダーとお礼の手紙を用意しています。このカレンダーは逗子開成の魅力がたっぷり詰まっており、また、1年間の世界の祝日が書いてありますのでぜひ、ご確認いただき、ご支援いただけましたら幸いです。

2019年11月27日(水)11時頃からスタートします!

※当日ご支援頂く際にはMakuakeのアカウントが必要になります。もし可能でしたら事前にアカウント登録を行って頂けると、当日の購入がスムーズになります。

▽Makuake新規アカウント登録

https://www.makuake.com/login/

ご支援、ご購入いただけましたら幸いですが、もし宜しければ、身の回りの方に本プロジェクトのことをお知らせ頂くだけでも嬉しいです。

時間をかけて一生懸命立ち上げたこのプロジェクトを成功させたいと思っておりますので、ぜひ、応援のほど、よろしくお願いいたします!!

逗子開成メディア委員会広報部

IMG_2793.JPG

カテゴリー :
生徒会・委員会活動

シネマ倶楽部『グリーン・ブック』鑑賞文

2019/11/25

11月8日に中学3年生、高校1年生が『グリーンブック』を鑑賞しました。

<物語概要>

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニス

トの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー。カーネギーホールを住居とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが・・・。異なる世界に住む二人の壮大なズレに笑い、ツアーの本当の目的に胸を熱くし、極上のラストにスタンディングオベーション間違いなし! 痛快で爽快、驚きと感動の実話!

グリーンブック01.jpg

【注意】鑑賞文は時に映画の重要な内容や結末に触れる場合がありますので、お気を付け下さい。

高校1年 Mくん

「本当の孤独」とは何か。私はこの映画を見ている最中、なぜかこの問いが頭から離れなかった。

 今回の映画は、裕福だが独り身のシャーリーと、生活に苦しんでいるが家族の多いトニーが中心的な登場人物であった。多くはないにしろ、作中で彼らが衝突するシーンは何度かあった。その中でも特に印象的だったのが大雨の中シャーリーが怒り、車から出て足早にその場から立ち去ろうとするシーンである。最後にシャーリーが憤怒の最中に言い放った、「私は孤独だ」という言葉が強く心に響いた。常に冷静で黒人差別にすら屈していなかったように見えた彼も、心の奥底では孤独に苦しんでいたのである。また、旅が終わり、家に帰った二人の対照的なシーンも非常に印象的であった。トニーはドアを開けると大きな歓声に包まれ、熱のこもった厚い歓迎を受ける。シャーリーはドアを開けると、静かな部屋に執事がひとり。執事が帰ると、豪華な部屋の真ん中で、一人ポツンと項垂れるのである。

 それでは、今の私たちはどうだろうか。私たちはSNSで誰とでも連絡がとれ、いつでも誰かと繋がっている感覚を覚えることができるこの時代を生きている。ふとした時に孤独を感じる瞬間は誰しも感じたことがあるはずである。

 広く浅く、数多くの人と繋がることができる現代だからこそ、最後にシャーリーを家に迎え入れたトニーとその仲間たちのように、私たちには一人一人の繋がりに向き合っていく姿勢が求められているのではないだろうか。

高校1年 Uくん

この映画を観る時、まず最初に考えたことはストーリーの意外性だった。「黒人がアメリカ南部を演奏旅行する」と聞いて、最初は「差別に苦しみながらも懸命に...」というような陳腐なストーリーだと思っていたからだ。

 だが、映画を観るにつれてそのようなものではないことに気づいた。なぜなら南部をまわるツアーは黒人ピアニストのドクター・シャーリー自身が考えたもので、しかもツアー先で彼の演奏を聴くのは白人の富裕層ばかりであるからだ。だから南部の黒人は彼の名前も、活躍もほとんど知ることは出来ないだろう。つまりは、シャーリーには人種差別に立ち向かうといった目的はないのである。

 では、なぜシャーリーは南部でのツアーを計画したのだろうか。シャーリーの運転手であり、この映画の主人公であるトニー・リップは、シャーリーの演奏仲間から理由を聞いていた。「勇気」を示すためだ、と。しかしそれはあくまでも意見であった。結局シャーリーの口からそれが語られることはないまま映画は終わってしまった。

 これはあくまでも自分の考察であるが、シャーリーは自分の居場所を探していたのではないだろうか。街の白人からはぞんざいな態度をとられ、農場の黒人からは不思議なものを見る目で見られるシャーリーは、おそらく自分の居場所がない中で、何をすればいいか分からず、必死で考えた結果が南部での演奏旅行なのだろう。

 この映画は、人種差別そのものについての映画ではなく、そこから一歩踏み込んだ、自分のアイデンティティーについて考えることをテーマにした映画であると考えている。

カテゴリー :
シネマ情報

中学受験生への応援メッセージたち

2019/11/22

本校在学生や保護者の方から中学受験を志す受験生やその保護者の方へのエールをまとめました。

受験勉強の一助になれば幸いです。逗子開成は、中学受験を志す全ての方を応援します!!


いよいよですね。
本番は想定外のことばかりがおきると思ってはいたものの、想定外ばかりで、とにかく焦りました。
うちは模試の会場が逗子開成のものは全て受けて、とにかく本番に向けてシュミレーションを何度もしました。
のはずでしたが、2/1の本試験は別物でした。
逗子開成に合格したい気持ちが強ければ強いほど、息子は緊張のピークがきてしまい、頭が真っ白になってしまったようです。
「なんとかこの流れを変えなくては」と徳間ホールで待ちながら考えていました。
今だからいえますが、本番で緊張しない人はいません。むしろ、緊張した時にも「緊張した時用のルーティン」を淡々とこなすことが必要ではないでしょうか。緊張したら、チョコをひたすら食べる、とか。
そして、後は「おまじない」です。最初は個装のチョコを持たせていたのですが、ラッキーにも時期的にバレンタインの特別チョコがたくさん売っています。
個装はしてない特別チョコを「このチョコを食べれば緊張せずに実力が出せるよ」といって持たせました。効果抜群でした。

最後の最後まで、あきらめないで!
あきらめないで努力するその先に逗子開成はあります。
逗子開成の合格証書は他にはない逗子開成の思いが詰まったものです。
感動して大泣きしました。
次はご子息の番です!
(2018年度中1 D組 保護者より)

********************************************

遊びたい盛りの中、色々なことを我慢して勉強に打ち込んできた数年間だったと思います。本番を前に不安もあるかもしれませんが、前向きな気持ちを忘れずに最後まで頑張って下さい。

息子は受験期間中、緊張のため舞い上がってしまった前半は良い結果を出せずにいました。しかし途中から立て直し、後半は合格に次ぐ合格。立て直すきっかけとなったのは、塾の先生からの「自分自身で問題を難しくしてしまっていないか?お前なら出来るはず。」という励ましの言葉でした。その言葉のお陰でハッと我に返り、翌日からは落ち着いて問題と向き合い、実力を発揮良い結果を出すことが出来ました。

平常心を保つというのは簡単なことではないかもしれませんが、頑張ってきた自分を最後まで信じてください。自覚はなくとも、皆さんはとても強い人間に成長しているはずです。
実力を出しきり、納得できる結果になるように祈っています。

がんばれ
中学受験生!

(2018年度中1 B組 保護者より)

********************************************

早いもので、あれから1年が経ちました。首都圏入試始まりましたね。受験生、保護者様、今が一番気を揉む時期ですね。最後の模試で成績の奮わなかった息子、くじけたり、弱音を吐くこともなく、三度目の正直で合格を手にいれました!番号を見たときの光景が今でも蘇り、涙がでます。塾の先生からは、精神力の強さで勝ち取った合格ですねと言われました。諦めない気持ち、とても大切です!最後まで絶対に諦めないでください。あと少し、頑張ってくださいね。逗子開成、とてもいい学校です。息子は今、学校生活、楽しんでいます。
体調を万全にして望んでくださいね。

(2018年度中1 F組 保護者より)

********************************************

緊張してもしなくても練習と同じようにできるように自分の好きなものを持って行って落ち着くことができるといいと思うよ!
(自分はパンダの雑誌を持って行きました)
毎日コツコツ頑張って♪受験が終わると楽しいよ〜。
(2018年度中1 B組 生徒より)

********************************************

いよいよですね。 昨年を思い返し、少しでも受験生のみなさんと保護者の方のお役に立てたらと思い書かせて頂きました。

我が家の息子は逗子開成しか目に入っておらず、第ニ志望はどこがいいか考えられないくらいでした。でも、決して安全圏レベルではなく、私は志望校を変えた方がいいのではないかと何度も心揺らぎました。が、入りたい部活まで決めていた息子は決して心ブレることなく一直線でした。その息子のブレない心が良かったのかなと思っています。

我が家が行った対策ですが... ①模試の会場に逗子開成があればそこを希望して受けていました。少しでも学校の雰囲気に慣れさせる為です。 ②過去問は出題傾向に慣れる為に苦手な算数を中心に解き、高得点は厳しいのは分かっていたので、合格平均点を目指し、前半の問題を確実に正解出来るようにしました。 ③受験直前は出来るだけ心穏やかに過ごせる様に決して特別感を出すことなく、日常の延長線上に受験があるだけという生活をしていました。 ④健康面ではインフルエンザ予防に夜寝る前にマヌカハニーをなめ、睡眠時間はきちんととりました。

私も30年ほど前に中学受験を経験し、あの数日間のドキドキは今でもよく覚えています。2月1日が近づくとあの時の気持ちがよみがえり「いよいよだな。みんな頑張れ!!」と毎年毎年心の中で思います。それほど中学受験は自分の中で大きなものだったんだなと感じます。今年ももちろん心の中でみなさんのことを応援しています!!緊張したらフーッと深呼吸して頑張って下さい!!

(2018年度中1A 組 保護者より)

********************************************

僕が合格できたのは、この学校に合格するぞ!と、最後の最後まで諦めなかったからだと思います。だから、皆さんも残りわずかだけど、最後まで自分を信じてやり通してください!応援してます!!
(2018年度中1 D組 生徒より)

********************************************

インフルエンザが大流行していますね。気が気でないと思います。除菌、加湿、温まる食事、ヨーグルト買い。親ができることは小さいことばかりですが、最後まで親子一緒に頑張って、大きな結果が返ってくると思います。頑張れ受験生と保護者様!
(2018年度中1 H組 保護者より)

********************************************

諦めないで頑張って。

(2018年度中1B 組 生徒より)

********************************************

いつも通りに自分の力を発揮させよう。君ならできる!待っているよ~

(2018年度中1B 組 生徒より)

********************************************

とりあえず風邪を引かないように。受験は楽しんだもの勝ち。

(2018年度中1B 組 生徒より)

********************************************

一年前の丁度この時期は、張りつめた空気の中での日々を過ごしていたなと未だ鮮明に覚えています。受験の話ばかりの家庭内で息子はリラックスできずにいたかも知れません。少しくらいは大好きなお笑い番組でも視聴させてあげれば良かったなと思いました。
いよいよ本番も近付いた頃は、受験勉強に一生懸命取り組んで来た息子の力を信じ、私は体調管理のみに留意し、見守る事に徹していました。...
入試当日は、私達父母を誰よりも喜ばせてあげたい気持ちで試験に挑んでいた息子の気持ちを深く感じ、ただただ愛おしかったです。
発表の日は、もしもの時を考えると不安にもなりましたが、どんな結果であれ、今まで目標に向かいひたすら努力して来た息子を抱きしめ、
「よくここまで頑張って来たね。立派だよ。」と今迄の努力を称賛すると決めていました。
中学受験をされる子供達は、自身の為もあるかも知れませんが、それ以上に応援してくれている父母を喜ばせる為にもの凄く頑張っている事と思います。
最終最後、我が家の場合は、結果はともかくここまで来たら息子次第と腹をくくりました。
受験生と、ご家族の皆様のご健闘を心よりお祈り申し上げます。
(2018年度中1 B組 保護者より)

********************************************

僕は家が遠いので、朝家を出るのが早く、電車での移動距離が長いので疲れていましたが、逗子駅に着いて温かいものを飲んだことで、元気にテストを受けることができました。

(2018年度中1 E組 生徒より)

********************************************

最後まであきらめずに頑張ってください。

(2018年度中1 A組 生徒より)

********************************************

「うがい、手洗い、十分な睡眠時間」親子共々体調管理に一番気を配りました。

(2018年度中1 D組 保護者より)

********************************************

受験生の皆さん、保護者の皆さん...

毎日忙しい日々を過ごされていることと思います。

まずは体調第一! 座りっぱなしで肩や腰 凝っていませんか。 気分転換に柔軟をしたり、5分でも散歩してみて下さいね。

解いた過去問、お直しは順調ですか。 お直しを徹底的に行う(捨て問は除く) 苦手な分野の類似問題を徹底的にとく 時間配分を身に付けていく

受験当日に向けて、日頃から、瞑想してから過去問を解くことをおすすめします。 精神が安定して、頭もクリアになると思います。

皆さんの努力は、決して無駄にはなりません。 陰ながら応援しています!

(2018年度中1 H組 保護者より)

********************************************

リラックスしていつも通りの力を発揮できればきっと合格できます。 体調に気をつけて、がんばって下さい!

(2018年度中1 D組 生徒より)

********************************************

とにかく過去問と理社の単語、国語の漢字などをしっかりやろう。

(2018年度中1 B組 生徒より)

********************************************

最後のラストスパート頑張れ!合格したら遊べるよ!

(2018年度中1 A組 生徒より)

********************************************

早いものでもう1年経つのですね、、、
受験生のみなさん、ご家族は今が一番大変な時ですね。...
不安や焦りから、睡眠時間が3〜4時間しかとれなかったのを思い出します。
うちは全く余裕がなく、このような応援メッセージがある事すら気がつきませんでした。
という事はこのメッセージをご覧になってらっしゃるみなさんは大丈夫です。
昨年のうちよりも余裕があります!!
最後まであきらめずに受験できたら、毎日が爆笑のクラスメート達、愛情深い先生方がお待ちです。
あきらめないで!!
(2018年度中1 D組 保護者より)

********************************************

たくさんやればなんとでもなるよ!

(2018年度中1 B組 生徒より)

********************************************

時には休憩も入れて。

(2018年度中1 B組 生徒より)

********************************************

とにかくガンバレ~

(2018年度中1 B組 生徒より)

********************************************

毎日生姜たっぷりの甘酒と(商品名は伏せますが...)◯-1を飲み、息子の希望で学校もいつも通り一度も休まず登校しました。休み時間はたっぷり遊び、放課後は試験対策に集中する。本番前はそのように過ごして来ました。そして何よりも憧れだった逗子開成のヨット部に入り活動するイメージを持ち続け、最後の最後まで諦めない!という強い気持ちが結果に繋がったのだと思っています。 苦戦しつつも弱音を吐かなかった息子(笑いながら「落ち武者になった気分だ、矢も槍も刺さってる感じ」とは言ってましたね...実はかなりしんどかったのでしょう...)他校の合格をいただきつつ、逗子開成が叶わなければ公立に進むことを本人も決めていました。それでも連日、午前午後入試を受け続け、逗子開成入試日は午後入試後の夕方に塾へ行き再度、試験問題を解くという事を繰り返していました。心身ともに限界に近かったに違いありません。...

親バカと自覚しておりますが... 諦めずに挑み続け、夢を叶えた息子を心の底から尊敬しています。 中学受験は想像していた以上に大変でした。しかし、この貴重な体験と時間を子どもと共に経験出来たことは今後も忘れることはないでしょう。 (余談ですが...これで逗子開成か公立かを決定する合格発表は縁起を担いで⁉︎横須賀にある戦艦三笠の前で確認しました。受験番号を見つけ夫婦で抱き合って号泣です。側から見たらかなり怪しかったことでしょう...こちらも今は良き思い出です...ちょっと恥ずかしいのですが...)

きっと、中学受験で経験した全てのことが大切な宝物となりますよ。

受験生の皆さんへ。 入学後の楽しいイメージを常に持って想像しよう!君たちは頑張ってきたのだから大丈夫!

受験生の保護者の皆さんへ。 大切な可愛いご子息を最後まで信じ見守っていきましょう!

長くなりましたが...最後に...

逗子開成最高です!! 親子共々待っています!!!

(2018年度中1 B組 保護者より)

********************************************

分からないところがあったら絶対先生に聞くことが大事
分かるようになるまで聞く...
暗記ばかりではいけない
理解して暗記する
あとはひたすら過去問
受験の時は自信をもってやる
逗子開成で待っています
(2018年度中1 C組 生徒より)

********************************************

初志貫徹

(2018年度中1 A組 生徒より)

********************************************

1月や受験期間中で、かなり力がつくので最後まであきらめずに努力しよう。

(2018年度中1 B組 生徒より)

********************************************

僕は分からないところがあったら、すぐ質問をできるように塾で自習をしてました。みなさん頑張ってください!

(2018年度中1 D組 生徒より)

********************************************

いよいよという時期に来ましたね。
 私が母として感じたことは、(皆とは限りませんが)男の子はメンタルが不安定になりがちということです。
調子が良いときは良いのですが、思わぬ結果があった時など気持ちが崩れていました。
普段は安定していた我が子だっただけに、そんな様子には私も内心驚きました。
 母としてできることは、体調管理のお手伝いと、どんな時も冷静に同じように励ましの声をかけて安心させることだと感じました。
私は「結果は結果。相性の良い学校に合格するものなんだ」と信じることにして一喜一憂しないように心がけていました。
親子お揃いで、良い体調かつ安定した気持ちで本番に臨めますよう、お祈り申し上げます。
(2018年度中1 H組 保護者より)

********************************************

受験直前はプレッシャーがかかってストレスが溜まるかもしれません が、受験生はみんなそうです。大事なのは、親や周りの人の助けと、本人のどれだけその学校に行きたいかという気持ちです。
保護者の方はなるべくプレッシャーをかけないように、受験生の皆さんは受験が終わった後のことや行きたい中学校に入学するところを想像しながら頑張ってください。桜が咲く頃に逗子開成で会えることを祈っています。...
(2018年度 中1 D組 生徒より)

********************************************

最後まで絶対諦めなければ合格はもうすぐそこです!

(2018年度中1 D組 生徒より)...

********************************************

気分転換に逗子海岸のお散歩でも() FIGHT!☆!

(2018年度 中1 F組 保護者より)

********************************************

気楽に力を抜いて、でも気を緩めずにしっかりとやればほぼ受かれると思います。頑張れ!

(2018年度 中1 G組 生徒より)

********************************************

算数は基本的な所だけ解けば平均点に行く。

(2018年度 中1 B組 生徒より)

********************************************

算数の過去問10年分を何回も解いたよ。

(2018年度 中1 B組 生徒より)

********************************************

国語と算数を必死にとりにいけば合格できる。

(2018年度 中1 B組 生徒より)

********************************************

受験生の保護者様...

受験日にむけ、インフルエンザなど体調面でも神経を使われておられるのではないでしょうか。去年の体験から成功だったと感じていることをお伝えできたらと思います。免疫力が低下しないように、家はしっかり加湿をし、ごはんはお鍋のようなもので、ともかく、身体を温めるようにしました。 塾へ行くお弁当も、保温性のあるものを使い、お味噌汁などで身体が温まるようにしました。小学校はインフルエンザが流行らない限り、普段通りに行かせました。 心配ではありましたが、適度に身体が疲れないと、良眠につながらないこと、お友達と会うことが、精神的安定につながっていたように思います。 理想は日常の延長に受験があることだと思っていました。この辺りを実践したことで、精神的には非常に安定して、風邪もひかずに受験とむきあえていたように感じています。親子ともに最後まで諦めずにチャレンジすることで、ご縁のある学校に出会えると思います。 子供は、本当に最後まで伸び続けます! どうか、信じて、ご両親は最大の応援隊でいてあげてください! 私たちも応援しています☆

(2018年度 中1 C組 保護者より)

********************************************

塾での夜型生活から、テスト時間に合わせた朝から昼型生活にシフトチェンジし始めた頃です。 とにかく、夜は早く寝て体力回復させました。なので、夕飯も消化の良いものを出来るだけ用意しておきました。塾の夜弁も おうどんやスープをメインに!!...息子のやる気スイッチが入ったのは、ちょうど12月の模試の結果が戻ってきたクリスマスの頃でした。親御さんの焦りは、子どもはわかります!と、塾の先生に言われていた通り私がもう、第一志望校からブレなくなってからは、親子で第一志望校に入ったら何がしたいか?何をしようか?など、楽しい未来を話すことで前向きに取り組めたと思います。あとは、本人には 内緒で仲良しのお友達やそのご家族にキットカットの裏の応援欄に一言ずつ、書いていただきそれを毎日お弁当のおやつに、入れてあげていたのが本人は 頑張る気持ちになれたそうです。

(2018年度 中1 F組 保護者より)

********************************************

やってきた事全部出せば、どうにかなる!風邪ひかない様に気をつけて(自分ただ今風邪っぴき)

(2018年度 中1 C組 生徒より)...

********************************************

小6からはじめても、がんばれば合格できるよ。

(2018年度 中1 B組 生徒より)

********************************************

焦らずリラックスして全力で頑張って!

(2018年度 中1 A組 生徒より)

********************************************

受験生とその保護者の方、受験前1ヶ月前でも諦めず、漢字や理科、社会の暗記を毎日少しずつやり、苦手な分野でも逃げずに頑張ろう!...あと徹夜はあまりせず、しっかり寝よう!保護者の方は受験生を優しくサポートしてください。僕たちは、4月に逗子開成で待っています。 頑張れ!!!
(2018年度中1 D組 生徒より)

カテゴリー :
その他の活動

土曜講座 手作りで学ぶ文明史講座「青銅鏡を作る」

2019/11/20

11月9日(土),16日(土)に行われた土曜講座「青銅鏡を作る」を紹介させていただきます。

青銅鏡は,中国大陸から弥生時代に日本に伝承されたとされています。この講座では,そうした歴史の授業で一度は聞いたことのある青銅鏡を自分たちでつくり、持ち帰ることが出来ます。

受講生達は、8時30分集合で今年度初デビューの手塚謙次郎先生から型作りの説明を受けました。

Fig-1.JPG

まず水ガラスが入った鋳造砂を木枠に入れます。

Fig-2.JPG

青銅鏡の元になる原型は、立体モジュールと呼ばれる樹脂を加工したものを使いました。

今年度は、新しい原型(アニメのキャラクター)を遊びで作ってみました。裏が鏡になるというわけです。

Fig-3.JPG

鋳造砂に原型の型がとれたところで、二酸化炭素を吹き込み,鋳造砂を固めます。

生徒は、夢中になって型作りをしていました。

Fig-4.JPG

Fig-5.JPG

次の工程では、レンガで作った炉の中にコークスを燃焼させて高温にしました。

炉内に置いたルツボに銅とスズをコークスの火力で融かしました。

今回は銅80%,スズ20%の割合で融かしました。

Fig-7.JPG

コークスの燃え方を初めて見る生徒は、炎の形と火力に驚いていました。

炉の中で1000℃程度に熱せられた青銅を、鋳型に注ぎ込む瞬間は誰もが真剣に見入ってしまいます。うまく出来ているかは、鋳造砂を割ってみるまで分かりません。

Fig-8.JPGfig-10-2.JPGFig-10.JPGfig-9.JPG

青銅が冷えたら、鋳造砂を壊し,青銅鏡をグラインダーやベルトサンダー、耐水ペーパーなどを使い、ひたすら磨きます。だんだんと綺麗に光を反射する青銅鏡に、生徒達は夢中になっていました。

大変な1日でしたが、生徒達も教員も充実した1日になったと思います。

◎謝辞

この講座は、10年以上前から始まっていますが、当初は信楽粘土で坩堝をつくり、銅と錫を融かして直径3 cm程度の青銅片を作っていました。今の鋳造のスタイルになって3年になりましたが、企業の方々、地域の方、大学の先生の御協力を頂き実施することが出来ています。この場を借りて改めまして,お礼を申し上げます。

① 有限会社 古谷商店 様

青銅鏡作りでは銅を多量に使用する必要があります。

近年銅の価格は大変高く、学校だけでは、とてもこの量の銅を用意することができません。

そこで本校がお世話になっているのが、大阪府にある「有限会社 古谷商店」さんです。

本校が鋳造を始めた年から古谷商店さんのご厚意で銅を廉価で譲っていただいております。

毎年、この講座が実施できるのも古谷商店さんのおかげです、ありがとうございました。

古谷商店HP

https://www.e-furutani.com/

Fig-11.JPG

②刀工師 出島宏一 様

鋳造に使用する長いるつぼばさみは、鎌倉で刀を打たれている刀工師の出島宏一さんにご厚意でこれまで作製していただきました。今年度も新たに1本作製していただきました(写真真ん中)。長くてとても使いやすいです。ありがとうございました。

Fig-12.JPG

③ 東京工業大学 無機学生実験室 様

今回、東京工業大学無機学生実験室より、プレスで型抜きしたあとの銅板を譲っていただきました。来年度は、こちらの銅板も融かして鋳造の原料にさせて頂きます。大切に使用させていただきます、ありがとうございました。

Fig-13.JPG

カテゴリー :
土曜講座報告

松坡文庫研究会新視点発表 「田辺松坡と鎌倉妙本寺」講演会

2019/11/12
 11月10日、本校元校長で松坡文庫研究会代表の袴田潤一先生による講演会「田辺松坡と鎌倉妙本寺」が開かれました。本講演会は、鎌倉中央図書館Fantastic☆Library108の催しの一つとして行われました。会場は松坡が若い頃から訪れ、たびたび詩会を開き、松坡の漢詩碑もある鎌倉妙本寺(書院)。歴史研究者、地域史研究者、田辺松坡(新之助)のご子孫、本校在校生卒業生の保護者、校友会の方など44名が参加しました。
 袴田先生の講演は、松坡の生涯と活動を漢詩人としての側面に光を当てながら多くの資料(史料)に基づいて丁寧に辿るとともに、松坡と鎌倉、妙本寺との関係を探り、松坡の妙本寺を詠んだ詩(「鎌倉妙本寺」「海棠花下吟」)を鑑賞するものでした。
 松坡は20代半ばで漢詩壇に颯爽とデビューし、その後多くの人物との多様なネットワークの中で教育者・漢詩人として生きました。松坡が親しく交際した人たちは、漢詩関係としては大沼枕山・岡本黄石・依田學海・杉浦梅潭など、政治家・軍人としては高橋是清・松方正義・樺山資紀・柴山矢八・釜屋忠道など、その他、曾禰達蔵(建築家)・徳富蘇峰(ジャーナリスト・思想家)など多方面にわたります。先生の講演の眼目は、そういった人たちと松坡の交流を詩会の記録や詩題、また雑誌記事などから探し出してマッピングすることで、松坡の生涯のみならず、近代の政治・軍事・文化状況をも示していけるのではないかということでした。学問の世界では「人脈」というファクターは嫌われがちですが、人脈(この言葉がふさわしくないとすれば「人間関係」)という視点を敢えて強調することで事柄を捉え直していこうという研究の端緒が示されていたように思います。
 講演は1時間半程でしたが、妙本寺祖師堂前にある漢詩碑(昭和13年建立)と、その完成式を祝って制作され、書院に飾られている立派な詩画軸を鑑賞して終了しました。
20191112妙本寺講演会 会場.jpg 2019112妙本寺海棠碑.jpg
写真:盛況だった講演会様子/妙本寺境内「海棠花下吟」漢詩碑
カテゴリー :
松坡文庫研究会

中学マラソン大会実施します

2019/11/12
11月12日(火)の中学マラソン大会は、予定通り実施いたします。 中学生は、Shonan BMW スタジアム平塚 に8:45集合です。余裕を持って集合して下さい。
カテゴリー :
お知らせ

11月9日(土)実施の第1回入試説明会 情報

2019/11/08

(ブログ記事1000件目の投稿)


11月9日(土)に行なわれる第1回入試説明会についての情報をお届けいたします。当日は、受験生に向けて説明を行ないます。しかし、6年生だけでなく5年生以下の小学生にも、これからの勉強の方針などの参考になる話しをいたします。

予約は下記URLより。

https://mirai-compass.net/usr/zkaiseij/event/evtIndex.jsf


<ご来場のみなさまへ ご連絡>

・駅から本校までの道は、誘導の教職員の指示に従い基本2列での歩行をお願いします。

(11月8日追記)JR逗子から学校までに経路案内動画『 ROAD TO ZUSHIKAISEI 』公開!!

https://www.youtube.com/watch?v=1dL_cMit-tA

・第1部入試説明会は本校体育館で行ないます。早めにいらっしゃった方へ特典です。

9:40から吹奏楽部による演奏があります。

・体育館がいっぱいになってしまった場合は、徳間記念ホールでも説明会をいたします。体育館と同時開催。

入試説明会受付票の提出はありません。受付の混雑緩和のためです。

・受付にて配布資料を受け取って下さい。基本的に1グループ1セットお渡しします。内容は下記5点です。

入試説明会プログラム(A4版のピンク色の冊子)開成校内Map,2020年度生募集要項,すしずし開成チラシ,学校パンフレット(66ページの冊子)

・大変多くの方が来場されます。座席は前からなるべく詰めて座るようご協力下さい。

・体育館から近いお手洗いは、体育館のステージに向かって左の扉から出たところにある武道館1階です。もしくは徳間記念ホールの地下です。男子校で、女性用のお手洗いが少なくご面倒をおかけします。

・過去問や合格えんぴつなどのグッズ販売も行ないます。


第1部 入試説明会(体育館)10:00~11:30

1. 学校長よりあいさつ

 学校長が逗子開成中学校の教育方針などをお話しいたします。

2. 2019年度入試要項・出願について

 教頭がWEB出願の注意点などをお話しいたします。

3. 4教科入試問題「傾向とアドバイス」

 4科目の先生が1人10分(毎年熱くなって12分ぐらい)の持ち時間で、各教科の出題方針やねらい目をお話しいたします。


第2部 オープンキャンパス11:30~12:30

 個別相談の部屋を用意しています。校内施設を自由に見学出来ます。

・入試相談コーナー(入試全般の相談)

 入試全般の相談が出来るブースです。教頭先生はこの部屋にいます。

・国算社理の教科別相談コーナー(入試と勉強方法の相談)

 入試までの勉強方法など各教科の相談が出来るブースです。

社会科の部屋には教頭先生が、理科の部屋には校長先生がいます。どんどん質問に来て下さい。

・英語授業の紹介

逗子開成の英語の授業を紹介しているブースです。授業の様子を動画でも紹介する予定です。

・生徒による何でも相談コーナー

 生徒会が中心となって何でも相談に乗ります。

1教室は先生たちと同様に個別相談の部屋です。先生には聞けない質問をどんどんして下さい!

 もう1つの教室は学校紹介のプレゼンテーションを実施いたします。

・中学入試試験会場の再現

 本番と同じように教室をレイアウトします。当日の雰囲気を感じて下さい。

・主要施設の公開

  中学棟では中学1年生の教室を開放します。

  図書館を開放しています。ご自由にご見学下さい。

  芸術棟には多目的トイレも設置しています。ベビーベッドもあります。

  武道館1階では、剣道部が練習しています。

  グラウンドでは高校サッカー部が練習しています。

・食堂営業

 お食事可能です。逗子開成の食堂の味をご賞味下さい。場所は1号館(黄色い雰囲気の校舎)の地下です。

カテゴリー :
説明会・公開行事情報

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る