ニュース

日々の授業~中1社会・中3英語~

2022/07/07

今日は中学1年生の社会、中学3年生の英語の授業をのぞいてみました。

まずは中1社会からご紹介します。

本時の最終的に辿り着きたい問いに対して、いきなりその答えを導くのではなく、その前の段階についてみんなで意見を出し合い、最後にその答えに辿り着く授業の進み方で、生徒の考える力を引き出していました。

IMG_7577.jpg

元気いっぱいの中学1年生のクラスではたくさん手が上がり、先生から生徒全体への問いかけに対しても色々なところから元気な声が聞こえてきました。

IMG_7569.jpg

最初のシンキングタイムの後、「正解でも、間違いでもいいから、書くことが勉強だよ」という先生の言葉をしっかり受け止めて、2度目のシンキングタイムでは、自分の意見をノートに書き込む様子が全体に見られました。教わったことをすぐに行動にうつせることは、とても大切ですね。

各自で考える時間は、静かに夢中で調べます。

IMG_7580.jpg

話し合いの時間では、グループで仲間の意見を尊重しながらも、自分の意見もしっかり持って伝える姿が印象的でした。

IMG_7586.jpg

IMG_7584.jpg

生徒が手を動かし、頭を動かし、口を動かすことで、ひとりひとりが主体的に学べる空間づくりを実現できていると感じました。


「全ての授業がリンクする」

次の中学3年生の英語の授業を紹介します。

テーマはSkim reading 文章全体の概要を把握する読み方の訓練です。

本時の目標が授業の最初に提示されます。

IMG_3127.jpg

「3番の問題は〇〇君がいい答え書いてたね。発表してください」

前回の授業で生徒が取り組んだワークシートを回収し、生徒たちの答えを踏まえた上で授業が進みます。

IMG_3134.jpg

プロジェクターと黒板が併用されながら、効率よく授業が進みます。折々で各自が辞書を調べる時間があるのも印象的でした。

IMG_3133.jpg

IMG_3128.jpg

IMG_3129.jpg

IMG_3131.jpg

この授業のもう一つのテーマは「背景知識の大切さ」。本文はアメリカの黒人差別を扱っているのですが、社会科で勉強したことや、別の資料から読み取れることなどを複合的に結び付けて読むことの大切さを生徒たちは学んでいました。先生の口から飛び出した「全ての授業がリンクする」というフレーズが印象的でした。

IMG_3137.jpg

授業の最後には、オバマ大統領のスピーチの映像がプロジェクターに投影されました。オーセンティックな材料を使うことで、教科書が、教室が、リアルな世界と結びつき、本当の学びに繋がっていくのだなと感じました。

IMG_3139.jpg

カテゴリー :
学習活動

PTA鑑賞会 劇団四季『アラジン』

2022/07/04

例年にない早さで梅雨明けした6月30日(木)、PTA成人部の企画による「劇団四季『アラジン』鑑賞会」に参加すべく、汐留の電通四季劇場に行ってまいりました!
劇団四季の『アラジン』は、2015年の初演以来、大人気のロングラン公演です。

写真1.jpg

3年振りの開催となった今年の鑑賞会には、220名の保護者と校長先生にご参加頂きました。

写真2.JPG


猛暑の中での受付お疲れさまです。
写真3.jpg

魔法の絨毯を思わせる緞帳が上がるとガラリと空気が変わり、一瞬で引き込まれます。
写真4.jpg

歌やダンスはもちろん、衣装や舞台セットなど細部まで煌びやかな舞台は一瞬たりとも目が離せません。

青年アラジン、王女ジャスミン、魔法のランプの精ジーニーは、それぞれ自身を『囚われの身』と感じ、『新しい世界(Whole New World )』へ向かうための自由を求めます。
「お金があっても自由がないと幸せじゃない」と言う王女と、「お金がないと自由には暮らせない」と思うアラジン。メインテーマのBGMを聴きながら、平日昼間に最高の娯楽を観ることができる自分自身の『幸せ』を噛み締めておりました。

息子をもつ母親にとっては、アラジンが劇中で何度も言う「母さんの自慢の息子になりたい」というセリフも印象的でした。

最後はスタンディングオベーションで、2時間45分の幕が閉じました。
一足早く訪れた夏の暑さと同じくらい、胸が熱くなったひとときでした。企画して下さった成人部の皆さま、ありがとうございました!

カテゴリー :
PTA活動報告

日々の授業~道徳~

2022/07/04

中2の道徳は「だれがために働く」というテーマで行われました。

問い「仕事とは何か」

答え「ひとりでもいいから、誰かの役に立つこと」

中学2年生の口からこんな言葉が飛び出すほど、中身の濃い時間でした。

題材は阪神淡路大震災の直後にボランティアとして働いた中学生の視点で語られる実話です。復興のために昼夜を問わずがんばる人達に心を打たれる一方、被災者からイライラをぶつけられたりずるい人を目撃したりもします。そして、まったく知らないおばあさんが冷え切った手をあたためてくれた思い出が彼の心を打ちます。

生徒たちはまず、その題材を読み込みます。そして感じたこと、考えたことをワークシートに記録します。

IMG_3078.jpg

IMG_3090.jpg

その後グループ内でそれぞれのメンバーが考えたことをシェアしました。

「仕事とは、生活のために必要なこと」

「自分の時間と体力をお金に換金すること」

「いろんな人を助ける上で日本の未来を輝かしい国にすること」

「嫌なことも受け止めて、他の人を助けたり救ったりすること」

「人々の役に立ちたいという思いから自分の意志で行動すること」

それぞれの視点から、さまざまな意見が飛び交いました。

IMG_3089.jpg

IMG_3087.jpg

IMG_3080.jpg

クラス全体での分かち合いの時間では、手をあげて積極的に発言をする生徒のおかげで活気のある時間となりました。

IMG_3093.jpg


中学1年生の道徳の時間は、スマホ・ネット・ケータイの使い方について勉強しました。

今回は中学生や高校生に起こりやすい、実際にあったトラブルの事例についての動画を見て、話し合いました。

IMG_7533.jpg

たくさんの生徒から、動画の内容について、様々な角度から見ていると感じられる意見が出てきました。

IMG_7537.JPG

IMG_7540.JPG

スマホで簡単に連絡を取り合うことができる世の中ですが、相手の表情など見られないので傷つけてしまう事も起こり得ます。

ネットやゲームについつい夢中になってしまう事もあるでしょう。

その場の気分で後先考えず行動してしまうと、相手も自分も辛い状況になってしまうかもしれないので、しっかり考え、ルールを決めて行動しなければいけません。

あと少しで長い夏休みが始まりますが、今日学んだことを踏まえて、楽しく有意義な時間を過ごせるといいですね!

IMG_7538.JPG

カテゴリー :
学習活動

模擬国連大会優秀大使賞受賞

2022/07/01

6月25日(土)に行われた模擬国連大会 11th SEISEN MODEL UNITED NATIONS 2022 で本校生徒が準優勝にあたる「優秀大使賞」を受賞しました

模擬国連とは、学生が各国の大使になりきり、実際の国連の会議を模擬する活動です。優秀大使賞を受賞した二人はUAEの大使となりました。テーマは核軍縮と核不拡散。事前の周到な準備と、当日の機転を利かせた対応で、UAEに有利な形で議論を進めることができ、ました。その功績と、積極性が評価され、優秀大使賞を受賞しました。

模擬国連は部活動ではなく、参加したい生徒が自主的に手を挙げて参加しています。これからもいろんな生徒がさまざまな舞台で、積極的な活躍を見せてくれることを楽しみにしています。

IMG_2989.jpg

カテゴリー :
その他の活動
国際交流報告

高1観劇

2022/06/30

6月24日(金)高校1年生は逗子文化プラザにて行われた演劇「きみはいくさに征ったけれど」を観劇しました。自ら演劇を見に行くという機会はなかなかない中で、普段とは一味違う経験ができたことでしょう。

IMG_2971.JPG


劇が終了した後にプロの役者さんが座談会を開いてくれました。生徒たちはここぞとばかりに、演技について、人前で話すコツなどたくさんの質問を浴びせかけていました。

IMG_2970.JPG


文理選択を控える高校1年生。自分の人生について考えていく大事な1年間です。その1年間の中の貴重な1コマにこの経験がなったのではないでしょうか。

カテゴリー :
学校学年行事
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る