ニュース

海洋人間学講座2「海ついて学ぶこと、伝えることの意味を考える」報告

2019/02/18

2月16日(土)海洋人間学講座2「海ついて学ぶこと、伝えることの意味を考える」東京大学本郷キャンパスにて実施しました。日向に出ると少しぽかぽかする陽気で、緑が多く歴史的な建造物が多い本郷キャンパスは、都心の喧騒を忘れてしまうほどのどかでした。今回の講師は、東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターの加藤大貴先生です。講義+実践で授業が展開されました。

0.赤門前にて.jpeg 1.講義タイトル.jpeg

最初は理学部1号館の教室で、哲学、哲学対話について講義を受けました。そして、メインの実践編。アイスブレーク『学校生活の好きなところ』で緊張感をほぐしました。そして、最初のお題は『学校』「何で大人が教えなければならないのか。」「始業は、なぜ8:30でなければならないのか」「なぜ、文武両道でなければならないのか」など様々な問いを参加者全員で立てました。いくつかの問い立てを行ったあと、多数決で「先生の立場」について哲学対話を行いました。(本校の教員として考えさせられる話が次々と出てきました。)

2.哲学中.jpeg 3.ワークシート.jpeg

後半は場所を変えて、キャンパス内にある夏目漱石の長編小説「三四郎」のモチーフとなった三四郎池で哲学対話を行いました。次のお題は『自然』。前半と同じ手法で、皆で問いを立てます。そして、「人は生態系の中に入っているのか」という問いを皆で哲学対話をしてゆきます。「自然とは何か、自然じゃないものは何か」「外来種」「絶滅してはいけないのか」「ビーバーは構造物を作るが自然を破壊しているのか」「アリの巣は?」「存在しなくてよい生物はいるのか」など活発な対話がなされました。

6.対話3.jpeg 7.対話4.jpeg

もちろん、今回の問いに明確な解答はありません。しかし、対話をし続けることで、他人の考え方を聞くことや、ニュアンスの違いを知ること、定義の大切さ、考えていることを表現する難しさなどを学びました。哲学と聞いて、「最初は気が乗らなかったが、気がつくと夢中になっていた」「楽しく、充実した授業だった」、「再度やってみたい」という生徒の感想が多かったです。最高学府の雰囲気が生徒達の背中を押しているような気もします。

4.対話1.jpeg 5.対話2.jpeg

最後に海洋教育研究者の加藤先生から、『私たちにとっての「海」』というお題が出されました。「海について、もっと敏感になって欲しい」とも。あまりに海に近く、ヨットや遠泳で利用する逗子開成の生徒にとって、改めて「海」というものを問い直し、ぜひ深く探究して欲しいですね。逗子開成(学校)にとっても大きな宿題です。

8.講義のまとめ.jpeg

カテゴリー :
海洋人間学

2019年度 中学入試結果

2019/02/06
1次入試2次入試3次入試帰国生入試
入試実施日 2月1日(金) 2月3日(日) 2月5日(火) 12月26日(水)
合格発表 2月2日(土) 2月4日(月) 2月6日(水) 12月27日(木)
募集人数 150 名 50 名 50 名 若干名
志願者数 495 名 389 名 448 名 47 名
名目倍率 3.3 倍 7.8 倍 8.9 倍 ---
受験者数 486 名 343 名 412 名 46 名
合格者数 226 名 85 名 93 名 23 名
実質倍率 2.2 倍 4.0 倍 4.4 倍 2.0 倍
入学者数 124 名 73 名 75 名 8 名
合格最高点 406 点 399 点 398 点 ---
合格最低点 310 点 326 点 312 点
合格者平均点 341.1 点 346.7 点 334.7 点
受験者平均点 301.3 点 296.2 点 269.0 点
国 語 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

128 点

97.3 点

88.7 点

119 点

96.2 点

87.2 点

121 点

94.9 点

80.2 点

算 数 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

140 点

103.2 点

87 点

142 点

107.5 点

85.7 点

130 点

93.0 点

68.7 点

社 会 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

89 点

69.9 点

63.4 点

92 点

77.2 点

68.8 点

93 点

72.8 点

61.5 点

理 科 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

89 点

70.6 点

62.3 点

89 点

65.8 点

54.5 点

94 点

74.1 点

58.5 点

配点と試験時間

国語・算数 各150点 各50分

社会・理科 各100点 各40分 合計500点満点

(A)国語・(B)英語 各60分

算数 60分 面接

カテゴリー :
入試結果

2019年度入試 逗子開成中学校 志願者数

2019/02/05

2019年度入試 逗子開成中学校 志願者数 

 ◆出願期間中は16:00に更新されます。※最終出願数は出願締切日の翌日8時頃発表いたします。

 

 2018年度 最終志願者数

 2019年度 志願者数状況

帰国生(12月26日)

50名

  47名(締め切りました) 

1次(2月1日)

479名

495名(締め切りました)

2次(2月3日)

383名

389名(締め切りました)

3次(2月5日)

482名

448名(締め切りました)

【出願期間】

全日程インターネット出願です。

窓口での出願はできません。

帰国生

12月1日(土)9:00~12月14日(金)23:59

1次 

1月9日(水)9:00~1月30日(水)23:59

2次

1月9日(水)9:00~2月2日(土)23:59

3次 

1月9日(水)9:00~2月4日(月)23:59

カテゴリー :
入試情報

演劇部が全国大会に出場します。

2019/01/25

高校・演劇部が、関東大会で優秀賞をいただき、全国大会に出場することになりました。初の快挙に、部員一同、大きな喜びに包まれています。

本校が上演したのは『ケチャップ・オブ・ザ・デッド』、オリジナル作品です(飛塚周&逗子開成高等学校演劇部・作)。

ホラー映画を作ろうとする大学生3人組が、本物のゾンビと出会ったら...?

会場には笑いがあふれ、ゾンビの語りにシーンと静まり、幕が降りると割れんばかりの拍手。お客様の瑞々しい反応に支えられ、素晴らしい舞台を作ることができました。

P1201745.jpg P1201748.jpg

第54回関東高等学校演劇研究大会(南関東/横浜会場)は1月19・20日の2日間、神奈川県立青少年センター・ホールで行われました。参加したのは、東京・神奈川・千葉・茨城・山梨・静岡・各都県から13校、神奈川からは大船高校・県立神奈川総合高校と本校の3校が出場、東京からは開成高校も出場していました。さすが関東大会、どの学校の演目も素晴らしく、笑いと拍手が会場に満ちていました。

本校は、審査員の先生からは次のような講評をいただきました。

「観ていて芝居に入り込んでしまいました。"ゾンビ"演劇として完成されているし、同時に人間の心情をよく描いてもいます。ゾンビを見ていて、いとおしくなりました。生と死についても考えさせられました。舞台上での新聞紙の使い方も良いし、舞台転換のセンスも良いです。エンターテインメントとしての完成度が高いです。みなさんの演劇への愛を感じました。」

P1201770.jpg P1201776.jpg

横浜会場(南関東)で最優秀賞に輝いた日本大学鶴ヶ丘高校と、優秀賞に輝いた4校のうち逗子開成高校、この2校が全国大会への推薦を受けました。北関東からの2校(埼玉県立新座高校・栃木県立小山城南高校)と合わせて計4校が関東ブロックから全国大会に進出します。

大会結果 ☞ http://www2.odn.ne.jp/~cai42040/engeki/index.htm

第65回全国高等学校演劇大会(佐賀大会)兼・第43回全国高等学校総合文化祭は、7月27日(土)~29日(月)の3日間の日程で、佐賀県・鳥栖市民文化会館にて開催されます。部員一同、今からワクワクしていますし、全国で注目を集めるべく、さらなるブラッシュ・アップのため稽古を重ねようと、決意を新たにしています。

P1201785.jpg P1201802.jpg

高校演劇部・部長・角田哲史(高2A)君からのコメントです。

「全国大会出場が決まった時は、嬉しさよりも驚きを強く感じました。

数日経った今ようやく実感が湧いています。

去年の初夏に台本が決まってから今に至るまで、逗子開成演劇部は大きな成長をしてきました。開成祭に向けて練習していた日々が遠い昔のように感じられます。

こんなに長く一つの台本で芝居を続けていると、当然マンネリや倦怠感に部活全体が悩まされる時もありました。

それでもここまで我々が劇を続けて来られたのは、舞台上でお客様からのリアルな反応を受けた時の喜びを知っているからです。

この劇はお客様の笑い(と悲鳴)無くしては成立し得なかったと思います。

全国大会に行く実感が増したからこそ、大勢の方からの期待を背負っていることの実感もまた増しています。

全国大会での最優秀賞を目指して精進して参ります!」

全国大会を前に皆様にご覧いただく機会を設けようと、公演を計画中です。詳しく決まりましたらあらためてお伝えします。

今後ともご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。

P1201810.jpg IMG_3365.JPG

カテゴリー :
クラブ活動報告

和太鼓部 横浜市立釜利谷南小学校「わんぱく土曜塾」にて演奏

2019/01/24

1月19日(土)、横浜市立釜利谷南小学校に伺いました。
年間7回ほど地域の方が講義などを行う「わんぱく土曜塾」の一つとして本校和太鼓部の演奏会が企画されました。
当日体育館の中は、寒かったのですが、多くの小学生と保護者の皆さんに1時間ほどの演奏を楽しんでいただきました。

終了後は、太鼓教室を開催し、小学生の皆さんに大小様々な太鼓を心ゆくまで叩いていただきました。

いつもは厳しい表情で練習に取り組む高校生の部員たちも、かわいらしい子どもたちを前に顔をほころばせていました。

P1150525.JPG

カテゴリー :
クラブ活動報告
前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る