国際交流

世界を見据えた国際交流プログラム

外国に行くのは単に英語力の向上を目指すだけではありません。さまざまな文化・宗教・言語を持った人たちがどのように共生しているかを知ることも重要な目的の一つです。
本校の国際交流プログラムを通じて広い視野を身につけます。

地図

国際交流情報をみる

ニュージーランド研修旅行(中3・全員参加)

ニュージーランドのオークランドで行われる、6日間の研修旅行です。自分の英語が本当に海外で通用するのかを試す絶好の機会であると同時に、多文化社会を学ぶ機会でもあります。Rangitoto College(現地の中高一貫校)との交流やホームステイ・市内観光などが行われます。この時期に異文化に触れることにより、将来の進路を考えるきっかけにしてほしいと思っています。2013年3月にRangitoto Collegeと姉妹校になりました。Rangitoto Collegeからも訪日の研修の際に本校の家庭でホームステイするなど相互交流を深めています。

中3ニュージーランド研修の日程

日程 発着/滞在地名 発着/滞在地名
1日目 東京(成田)発 空路、オークランドへ(機中泊)
2日目 オークランド着 市内見学
3日目 オークランド滞在 オークランド動物園見学。市内で自由行動。
現地提携校にて対面式後、
各ホストファミリー宅へ。
4日目 現地提携校生徒と交流(授業参加やアクティビティ)。夕方各ホストファミリー宅へ。
5日目 お別れセレモニー後、シープワールド見学。
その後博物館を見学し、ホテル泊。
6日目 東京(成田着) 空路日本へ

ニュージーランド研修旅行(中3・全員参加)

総合学習「人間学」の集大成と位置づけられた、コース選択型(韓国・マレーシア・ベトナム・沖縄・北海道の5ヶ所)の6日間の研究旅行です。特に海外では、ホームステイや現地校との交流を通して同じ英語を学ぶアジアの学生たちと触れ合う事により、良い意味でのライバルとしてお互いを磨きあうきっかけとなっています。

高2アジア研究旅行・各コース(海外)の内容

目的地 ねらい 主な活動 ・ 見学地
《 韓国 》
ソウル・板門店
発展著しい韓国の独自の文化や歴史に触れ、日本と韓国の共通点や違いを学び、最も近い国の人々との交流を通して、共に生きる未来を考える。 現地学生とソウル市内史跡自主見学、軍事境界線近くで平和学習。学校訪問&学校寮に現地高校生と泊まり交流。独立記念館見学や観劇などを行う。
《 マレーシア 》
クアラルンプール
多宗教多民族複合国家マレーシアで、現地の人々との交流や体験を通して異文化理解に努め、近年目覚ましい経済発展を続けているマレーシアのグローバルな課題に迫る。 現地校訪問&現地高校生と巡るクアラルンプール市内班別自主行動。バングリス村ホームステイでマレー系の人々の生活を体験。世界遺産マラッカ市内見学など。
《 ベトナム 》 史跡見学や現地学生との交流を通じて、ベトナムの植民地時代やベトナム戦争、その後の混乱など現在にいたるまでの歴史や文化を身体全体で感じ取り、深く考える。 ホーチミン市を中心とした市場・工場団地などベトナムの発展、戦争証跡博物館・クチトンネルなど戦争の悲惨さ、平和の大切さなどを学ぶ。現地学生との交流やライスペーパー作りを行う。

夏休み海外研修旅行(中2〜高2・希望者のみ)

夏休み海外研修旅行の内容

目的地 選んだ理由 研修内容
フィリピン
セブ島
純粋に英語4技能の向上に集中して取り組める環境として、フィリピンのセブ島にあるEVアカデミーを選びました。EVアカデミーは、短期間における実践的英語力の向上を目指した1日8時間授業のスパルタプログラムで知られています。 中学2年生から高校2年生の希望者を対象とした英語学習プログラムです。2週間の現地滞在は全てキャンパス内にある寮での宿泊となります。1日に1コマ55分の授業が8時間あります。そのうち個々の生徒のレベルに合わせた先生とのマンツーマンレッスンが4~5コマ、グループレッスンが3~4コマ用意されており、それらを通して4技能を総合的に学習し、短期間での英語力向上の実現を目指します。また週末にはリフレッシュするために半日ほどのツアーやショッピングも用意されています。
アメリカ
クレアモント
リーダー研修を行うプログラムです。アメリカの大学の雰囲気を味わうと同時に将来の夢と目標を抱くきっかけにしてほしいと思い、ロスアンゼルスから50km離れたところあるクレアモント大学での"Claremont Future Leaders Program"を選びました。 高校1年生、2年生で英検準2級以上を取得している希望者を対象にした8日間のリーダー研修です。研修はクレアモント大学のThe Drucker Institute企画監修によるプログラムです。一方的に講義を受けるのではなく、論理的思考力、コミュニケーション能力、自己分析力、プレゼンテーション能力の育成を目指したアウトプット重視の内容になっています。ディスカッションセッションには、クレアモント大学の学部生・大学院生が参加してくれます。アメリカの大学での体験を通じてさまざまな刺激を受け、自分を見つめ将来への動機づけとなる研修です。

海外長期留学制度(希望者のみ)

2003年より始まった、本校独自の1年間長期留学制度です。高1または高2が対象になります。参加者は、英語力診断テストと面接試験で決定します。(留学先はカナダの10州の中から各自の希望で選びます。)留学期間は1学年間(約10ヶ月)で、現地の一般家庭でホームステイしながら、その地域にある公立高校に通うことになります。留学生には日本への定期レポート(毎月)が義務付けられ、学業や生活について本校の教員と密接な連絡を取り続けます。また、現地校での単位が認められるので、帰国後は遅れることなく元の学年に復学することができます。帰国後も報告会を行い、留学中の経験を日本での生活や将来の進路に活かすことができるようにします。

ページトップへ戻る