ニュース

2018年度入試 逗子開成中学校志願者数状況

2018/01/17

2018年度入試 逗子開成中学校 志願者数 2018年1月17日(水)16:00現在

 ◆出願期間中は平日16:00に更新されます。

 

 2017年度 最終志願者数

 2018年度 志願者数状況

帰国生(12月26日)

48名

  50名 締切 

1次(2月1日)

590名

  404 名 

2次(2月3日)

429名

  111 名 

3次(2月5日)

450名

  75 名 

【出願期間】

全日程インターネット出願です。

窓口での出願はできません。

帰国生

12月1日(金)9:00~12月14日(木)24:00

1次 

1月10日(水)9:00~1月30日(火)24:00

2次

1月10日(水)9:00~2月2日(金)24:00


3次 

1月10日(水)9:00~2月4日(日)24:00

カテゴリー :
入試情報

土曜講座「数学を使って地球を測る」

2018/01/17

2018年1月13日(土) 9時から、土曜講座「数学を使って地球を測る」を行いました。講座担当の田口先生によれは、「今日は絶好の測量日和」で、逗子海岸に出て披露山の高さを測定しました。写真は手作りの測定器を用いて仰角を測る様子です。

IMG_1077_re.jpg IMG_1078_re.jpg

測定後教室に戻り披露山の高さを計算しました。その後測定誤差も計算し、数学の有用性を共有しました。なお、生徒たちの測定誤差は20%程度が多く、中には2%以内のものもあり、教員が事前に行った測定よりも優秀でした。

IMG_1079_re.jpg

カテゴリー :
土曜講座報告

「シカクいアタマをマルくする。」逗子開成2017入試問題紹介

2018/01/15

電車内広告でおなじみの、日能研「シカクいアタマをマルくする。」中学入試問題の新シリーズにおいて、

本校社会科の入試問題を取り上げていただいております。

技術家庭科の授業で学ぶことを切り口に、複数の資料から読み取れることを問うています。

ぜひ、これを機会に考えてみてください。

20180115しかくいあたま.jpg

紹介ページへ →https://www.nichinoken.co.jp/shikakumaru/201801_sh/

カテゴリー :
入試情報

第2回英字新聞甲子園 外国メディア賞受賞

2018/01/15

昨年12月の暮れ、学校オリジナルの英字新聞を制作し、その内容を競う「第2回英字新聞甲子園」が品川で開催されました。首都圏を中心に約20校が参加した中で、本校が外国メディア賞を受賞しました。
 記事内容は、七里ヶ浜ボート遭難事故、吹奏楽部の歴史、シェルビー先生へのインタビュー・正門前アンケート「逗子開成が男子校であることに満足していますか?」・土曜講座「お泊り保育」について・海洋研究グループの活動、等々を英文記事にしました。日本最古の英字新聞社Japan Timesの編集者のご指導をいただきながら、テーマ決定・取材・構成まで、すべて生徒たちが考え、立派な英字新聞が完成しました。
 英字新聞賞・外国メディア賞・地域振興賞の3賞のうち、外国人記者の審査員の目に留まり、本校の英字新聞が同賞を受賞しました。審査対象は、Japan Times社の添削チェックが入る前の原稿であり、生徒たちの力が評価されました。大職員室前に、この英字新聞が置いてありますので、ぜひご覧になってください。

トロフィーと賞状_re.jpg 生徒写真_re.jpg

カテゴリー :
その他の活動

慶応義塾主催 第42回小泉信三賞 全国高校生小論文コンテスト表彰式

2018/01/11

高校1年・米山 然 君が書いた小論文「未来のための『選択』」が、慶應義塾主催の第42回小泉信三賞全国高校生小論文コンテストで「次席」の栄冠を得ました。

5つの課題から「SNS社会と教養」を選び約8000字の小論文にまとめたものです。昨年、ひと夏かけて書き上げた労作です。全国からの応募343編の中から小泉信三賞に次ぐ次席に選ばれました。1月10日、第183回福澤先生誕生記念会の場で表彰式が行われました。

20180111米山くん③.jpg


受賞直後のインタビューです。「受賞がわかった時は、驚きました。初めてで、力試しに出してみたものでしたから。うれしかったし、自信がつきました。何かもっと新しいことをやってみるとか、もっと高いところを目指すとか、そんな意欲が湧いています。そういう面で、意味のある受賞だったと思います。

審査委員のお一人から次のような選評をいただきました。

「ある映画に現れる「Choose」という単語に衝撃を受けたという著者は、SNSに「くだらない」内容を投稿する理由を「承認欲求」にあるとして、マズローの欲求五段階説に言及し、その頂点にある「自己実現」を目指して、そのために必要な教養を身につける必要を説く。未来を「選択」する強い意志を感じた」(『三田評論』2018年1月号より引用)

受賞で得た「自信」を胸に新たな高みへ向かって歩んでほしいと思います。ご興味のある方は、入選作品全文及び選評が慶應義塾の『三田評論』2018年1月号に掲載されていますのでご一読ください。

20180111米山くん①.jpg

カテゴリー :
学習活動
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る