ニュース

シネマ倶楽部『ボヘミアンラプソディ』鑑賞文

2019/07/20

7月2日(火)に高校2年生,3年生が徳間記念ホールにて『ボヘミアンラプソディ』を鑑賞しました。生徒の鑑賞文を紹介します。

<物語概要>

レディー・ガガが「史上最高の天才エンターテイナー」と称賛。それが伝説のバンド〈クイーン〉のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。彼の名前も顔も知らなくても、「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」などのワンフレーズを耳にすれば、誰もがたちまち心浮き立ち、思わず歌い出さずにはいられない。どうやってフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、地上で最も愛されるエンターテイナーになったのか? そして崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立したのか?

魂が乗り移ったかのようにフレディを演じたのは、『Mr.Robot/ミスター・ロボット』でエミー賞受賞俳優のラミ・マレック。監督は『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー。クイーンのメンバーが音楽総指揮を務め、甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われ、鳥肌ものの感動を呼び起こすこと間違いなし! アカデミー主演男優賞ほか受賞作品。

ボヘミアン01.jpg

【注意】鑑賞文は時に映画の重要な内容や結末に触れる場合がありますので、お気を付け下さい。

高校三年Aくん

白人でなくゲイでありゾロアスター教徒で、最終的にエイズに罹患する社会的マイノリティであったF・マーキュリーにとって、友人・家族・仲間とは一体何であったか、彼にとって音楽とは何だったかを考えることは簡単ではない。

 映画を観て初めに感じたのは、F・マーキュリーのパフォーマンスとしての能力の評価が失墜したことはほとんど無かったことだ。にもかかわらず、自身の生涯がノンフィクション映画として見応えのある一作と成り得るには、何か別の一要素が本作の主題とならなければいけない。

 それは「軋轢」であったと思う。

 主人公が最初に軋轢を生じさせたのは彼女へのマイノリティの告白である。それまで気持ちが良いほどスラスラ進んでいた物語がここで一つ変化を見せた重要な場面だった。その他にも、他メンバーがそれぞれ家庭を築いている中で孤独だった主人公が感じた軋轢であったり、重要な局面において軋轢はことごとく登場する。その後、彼はそれを理由にソロでの活動を開始する。

 彼女との、メンバーとの、社会との軋轢によって孤独であると感じていた彼は近視的になり、仕事へと注力する。しかし、彼女の「あなたは一番愛されている」という言葉で視界が晴れ、残された時間をメンバーと共に過ごすことを決意した。

 史上で最も偉大なグループの一つを作り上げたのは、軋轢を超えた音楽の力であった。メンバーは音楽という屋根の下で家族であった。

カテゴリー :
シネマ情報

7月19日(金)全校集会

2019/07/19

体育館にて全校集会を行いました。いよいよ夏休みですね。

0719点呼.JPG  0719集合.JPG


〇 校長より 〇

1遠泳について

延期されていた遠泳が昨日実施されました。

さあやろうと言ってすぐに出来るものではありません。

苦手な人でも練習を積み重ねることで泳げるようになりました。

高校生諸君も中学3年生の頃を思い出してください。

物事を達成するためには、地道な努力が必要だと体験したはずです。

それから達成には色んな人の支えがあったと思います。しかし、最後は自分が頑張らなければならないことも分かっていますね。

ちょっとやったからと言ってすぐに結果が出るとは限りません。地道な努力を続けましょう。

2校章について

ペンと剣のマークを「文武両道」のシンボルとして捉えている生徒もいるかもしれません。

本来の意味は「言論を武力で弾圧することは出来ない」という意味です。

言葉には力があります。ときには励まされたり、ときには傷付けられたりします。

特に中学生諸君、言葉遣いに気を付けなさい。自分の言葉を大切にしましょう。

3人間の成長するために必要なこと

毎回伝えていることですが、人間の成長には読書、旅、良い先生との出会いが大事です。

良い先生は、君の友人かもしれません。自分の世界を広げる夏休みにしてください。

0719校長.JPG


〇 生徒会長より 〇

生徒全員が真剣に傾聴していました。生徒会長のスピーチ原稿はこちら→2019.07.19 生徒会長の言葉 原稿.pdf

保護者の方もご覧頂き、ご家庭でも話題にしていただけたら幸いです。

IMG_1081.JPG


〇 表彰 〇

<囲碁部>

川田 輝

第40回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会 神奈川県予選(個人) 優勝(全国大会出場)

川田 輝・藤田 大輝・真船 倖輔

第40回文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会 神奈川県予選(団体) 優勝(全国大会出場)

<将棋部>

島田 直樹

第43回全国高等学校総合文化祭将棋部門 神奈川県予選 個人戦A級 優勝(全国大会出場)

木村 悠希

第43回全国高等学校総合文化祭将棋部門 神奈川県予選 個人戦B級 準優勝

馬 世雄

第43回全国高等学校総合文化祭将棋部門 神奈川県予選 個人戦C級 第3位

<中学空手道部>

団 体

神奈川県私立中学校 空手道大会 団体組手 第3位

<高校空手道部>

吉川 輝

第46回神奈川県空手道選手権大会 形の部 準優勝

団 体

神奈川県高等学校空手道大会 兼 関東高等学校空手道大会県予選 団体形 第5位

<中学柔道部>

部奈 誠士

逗子葉山中学校総合体育大会 柔道大会 個人戦 3年男子の部 優 勝

逗子開成Aチーム (部奈・桃井・橋口)

逗子葉山中学校総合体育大会 柔道大会 団体戦 優 勝

<中学卓球部>

団 体

逗子葉山中学校総合体育大会 卓球男子団体の部 優 勝

浦川 隼

逗子葉山中学校総合体育大会 卓球男子個人の部 準優勝

岡下 悠二郎

逗子葉山中学校総合体育大会 卓球男子個人の部 第3位

<高校バレー部>

団 体

横須賀三浦地区高等学校 バレーボール競技 学校対抗大会 準優勝

<高校陸上部>

新井 公貴

神奈川県高等学校総合体育大会 兼 関東高等学校陸上競技大会県予選

●男子400mH 第1位 (53秒04/関東大会進出)

●男子400m 第8位(49秒42)

南関東高等学校陸上競技大会 男子400mH  第3位 (54秒76/全国大会進出)

神奈川県陸上競技選手権大会 男子400mH  第3位(52秒14) U20日本選手権大会標準記録突破

阿部 空知

神奈川県高等学校総合体育大会 兼 関東高等学校陸上競技大会県予選 男子200m 第6位 (22秒15/関東大会進出)

新井 公貴・秋山 岳瑠・阿部 空知・篠原 一樹

神奈川県高等学校総合体育大会 兼 関東高等学校陸上競技大会県予選  男子4×100mR 第7位(41秒68)

新井 公貴・工藤 慶次・阿部 空知・小西 一真

神奈川県高等学校総合体育大会 兼 関東高等学校陸上競技大会県予選 男子4×400mR 第2位(3分15秒55) 関東大会進出

関東高等学校陸上競技大会 南関東男子4×400mR 第8位(3分20秒54)

新井 公貴・工藤 慶次・野口 澪実・小西 一真

第74回神奈川陸上競技選手権大会 男子4×400mリレー 第7位(3分17秒17)

<高校水泳部>

菅原 源太

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選 男子100mバタフライ 第3位(56秒37)

星合 謙一郎

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選 男子100mバタフライ 第5位(56秒68)

井上 嘉人

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選 男子200m個人メドレー 第7位(2分11秒35)

寺島 俊結

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選

●男子1500m自由形 第1位(16分06秒74)

●男子400m自由形 第5位(4分06秒57)

寺島 俊結・星合 謙一郎・菅原 源太・井上 嘉人

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選 男子4×200mリレー 第5位(7分51秒76)

礒野 祥・丸山 渓太・菅原 源太・井上 嘉人

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選 男子4×100mメドレーリレー 第7位(3分56秒50)

団 体

神奈川県高等学校水泳競技大会 兼 関東高等学校水泳競技大会県予選 男子総合 第8位

横須賀三浦地区高等学校 水泳競技大会 男子総合 優 勝

0719トロフィー.JPG  0719表彰.JPG


〇 生活指導部長より 〇

・自習室の扱い方については先ほどの生徒会長の言葉通りです。高校3年生諸君は研修センターの自習室についてもルールは同様です。

・夏休みの諸注意が配布されます。裏面の電車内のマナーも熟読すること。集団で行動するときに気をつけましょう。

・夏休み明けに避難訓練があります。ホームルームでの説明をよく聞いて下さい。

カテゴリー :
学校学年行事

PTA第1回保護者セミナー活動ご報告

2019/07/19

7月13日(土)本校カウンセラーで関東学院大学教育学部教授の青戸泰子先生をお迎えして、「PTA第1回保護者セミナー」を徳間記念ホールにて開催いたしました。

DSC_2084.jpg DSC_2082.jpg

 今年度の演題は、「気になる子ども編3~家庭内暴力をする子供」でした。一昨年の「気になる子供編1 ~しばしば嘘をつく子ども〜」、昨年の「気になる子供編2~学習意欲の低い子ども~」に引き続くテーマでご講話下さいました。「家庭内暴力」...とても重く感じられますが、最近のニュースなどでも耳にすることが増え、決して他人事ではないと考えさせられるテーマでした。

 子育てとは子どもの成長を見守ること。子どもにはそれぞれの発達特性があります。その特性は子どもを取り巻く環境(家庭)に大きく影響されます。日々多くの不安や緊張の中で頑張っている子供のために安心して落ち着ける環境調整をしてあげることが親の大きな役目であり、如何に自己肯定感を持たせてあげることができるかが大切であると教えていただきました。

 そのためにはまず親自身が幸せであること...人の幸せとは、愛され・褒められ・役に立ち・必要とされること。青戸先生の締めのお言葉です。幸せを繋いでいけるような家庭環境作りを心に留めて、日々を大切にすごしてゆけたらと感じることができたのではないでしょうか。

DSC_2085.jpg DSC_2086.jpg

次回は来年2月にワークショップ形式の「応用講座」を開催する予定です。ご参加をお待ちしております。

カテゴリー :
PTA活動報告

遠泳実習を実施します。

2019/07/18
7月18日(木)の遠泳実習は、実施いたします。
カテゴリー :
お知らせ

社会科学部+有志生徒 国立ハンセン病資料館訪問

2019/07/16

 7月13日(土)、社会科学部生徒+有志生徒で東村山にある国立ハンセン病資料館と多磨全生園を訪れました。8月に社会科学部で鹿児島県鹿屋市の敬愛園を訪問する予定のため、今回はその事前学習を兼ねての訪問でした。
 午前中は資料館でじっくり展示と向き合いました。お昼は、全生園内にあるお食事処なごみ様でお昼ごはん。お店の藤崎美智子様は、「全生園の明日をともに考える会」の代表でもいらっしゃいます。映画『あん』撮影の製作秘話などを興味深くうかがいました。参加生徒は、当日を迎えるにあたり、映画を視聴したり、原作を読んだりしておりましたので、お話をより具体的に想像することができたようです。作品を意識してか、ぜんざいをいただいた生徒もおりました。また、食事は「全国ハンセン病療養所入所者協議会」の事務局長を務めていらっしゃる藤崎陸安様とご一緒させていただきました。ご自身の体験や関わってこられた一連のハンセン病訴訟についてざっくばらんにお話いただきました。生徒の素朴な質問にも笑いを交えながら率直にお答えいただく姿が印象的でした。食事後には、全生園内の「人権の森と史蹟」めぐりです。時間の都合もあり、宗教施設や望郷の丘などを中心に、NPO活き生きまちづくりのメンバーの方に解説していただきながら見学させていただきました。そしてもう一度資料館に戻り、8月の訪問のための準備に取り組みました。

20190713掲載用写真①.jpg 

20190713掲載用写真②.jpg


ハンセン病訴訟に関するニュースが連日流れる中にうかがい、貴重なお話をうかがいました。報告する機会を逸しておりましたが、資料館には昨年の秋にも土曜講座の際にお世話になっておりました。その際も、学芸員の先生のみならず、館長である成田稔先生に、逗子開成とのご縁もあって、生徒たちに直接語っていただくという貴重な機会をいただいておりました。昨年に引き続き、お世話になりました資料館、食事処なごみ、全生園のご関係の皆様方にこの場を借りてお礼申し上げます。温かく迎え入れていただきありがとうございました。今後も学び続けます。

カテゴリー :
土曜講座報告
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る