各教科の特徴

最新学習活動をみる 授業は月~金曜日に行われ、45分・7校時を原則としています。
学年・教科の特性がいきるように、必要に応じて
2時限連続授業も行われます。

英語

英語 「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を身につけさせることを目標にしています。
中1・中2で中学履修内容を終え、中3・高1で高校内容の学習を終え、高2・高3で演習中心の大学入試向けの実践的な学習を行います。

特徴ある行事や取り組み

英会話授業
ネイティブの先生による授業です。1クラスを2つに分けて行われるので少人数の充実した授業になっています。内容はSpeaking(話す)・Listening(聞く)・Writing(書く)をバランスよく学んでいます。正しい発音や会話のリズムの勉強の他に、基本的な日常生活に役立つ英会話や、ビデオ教材を使用した異文化などにも触れる授業内容となっています。
英語暗唱大会・全英連作文コンテスト
中2で、発音をスキルアップするため著名人のスピーチや優れた文章を暗唱し、発表する暗唱大会が行われます。本選出場者はネイティブの先生に指導してもらいます。高1・高2では、自分の考えを英語で発表する力を高めることを目的に、全英連主催の英作文コンテストに参加します。
AVC授業と教材
コンピュータを活用した英語の学習プログラムです。中学生は英語の授業で使用するテキストの基本例文や単語を覚えていきます。AVC教材は学校の教材サイトから家庭でもダウンロードして使用することが可能です。授業で学んだことを、AVCの授業や家庭で学習し、また授業にもどって記述形式のテストを受けることで知識を定着させることができます。高校生はAVC教室での授業はありませんが、構文暗記ソフトなどの教材をダウンロードして自学自習することができます。
英語検定やGTECに挑戦
中2から英語検定試験やGTEC(コミュニケーション能力試験)の受験を始めます。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

数学

数学 中学・高校の数学のみならず、生涯にわたって数学を学べるような基礎学力の習得を目標としています。
先人の数学者たちの築き上げてきた定理や公式に触れ、数学の美しさを追体験しましょう。

特徴ある行事や取り組み

特習数学
「ドリル方式演習」で計算問題や幾何・関数の問題に取り組む演習授業です。1クラスに2人の教員がつきます。 週1回、毎回異なるプリントが配られ、生徒は全問正解するまで、何度も解き直します。授業中に全問正解できなければ、もう一度勉強し直して放課後の指名補習で再チャレンジしなければならないシステムになっています。この特習数学により、中学生は徹底的に基礎力を鍛え上げられます。
Zushi-Kaisei.net
授業で使用したプリントや小テストや定期試験の問題などが家庭から閲覧できます。
もう一度復習し直したい生徒は、プリントアウトして家庭学習で活用します。
数学オリンピックに挑戦
数学好きの中学生はジュニア数学オリンピック、高校生は数学オリンピックに挑戦します。
土曜講座で数学オリンピック受験のための講座を開き、実力を養成しています。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

国語

国語 現代文では現代の諸問題について、古典作品では先人達の思想や美意識などについて、「理解する力」と「自分で考える力」そしてそれを「表現する力」を育てることを目標にしています。
先取り学習で中3から高校の課程に入ります。
中学の早い時期から古典の学習を始めるので、古典の基本文法の修得には中3までの間にたっぷり時間をかけて学ぶことができます。

特徴ある行事や取り組み

中1 百人一首大会
古典学習の導入として暗記し、小テストで確認します。そして3月にはクラス対抗戦形式で百人一首大会を実施しています。
中3 漢字検定
2月に準2級を受験します。中1から小テストで準備してきた漢字の集大成としてチャレンジします。
平家琵琶鑑賞会
古典の授業で読んだ平家物語の世界を語り芝居と琵琶で表現された舞台芸術として鑑賞します。
高校 大学入試に向けた講習
平日の朝や放課後に希望者を対象に入試の基礎力や実践力を養います。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

理科

理科 実験や観察を多く取り入れた分かりやすい授業で、中学2年生までに中学範囲の物理・化学・生物・地学の4分野を修了します。中3からは高校の内容に入り、自然科学に興味を持てるような授業を展開します。高校では教科書の徹底理解を基本にして、大学入試問題にも対応した授業を行います。特に高2、高3では通常の授業に加えて問題演習形式の達成度別補習授業である「特習」を各科目行い、夏休みには補習も行います。様々な進路に対応するために高3では小論文指導なども行っています。

特徴ある行事や取り組み

中2理科体験学習
国立科学博物館(東京都台東区)、などを中心に博物館や校外の施設を丸1日かけて見学します。普段の学校での授業とは一味違った自然科学を学ぶ貴重な行事です。
実験・観察
実験や観察を多く取り入れ実体験から学ぶ授業やiPadを用いて教科書に掲載のない写真や図なども掲示し、視聴覚に印象に残りやすい授業を心がけています。
高2・高3の特習理科
通常の授業とは別に、放課後に行う達成度別演習中心の授業です。高2までは今までの授業の復習や基本事項の確認を行い、高3では大学入試に向けて難易度の高い問題に取り組みます。
高2・高3 100分授業
単なる2時間ではなく、45分+45分+10分=100分を用いることで、専門的な実験や大学入試演習などにまとまった時間を割くことができます。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

社会

社会 世の中の出来事や事実を正確に把握し、それらを互いに関連付けた知識として身につけることを目指しています。学年によって地理・歴史・公民など様々な分野・科目を履修しますが、それらを別物としてばらばらに暗記するのではなく、すべては社会的諸現象というひとつのものとして理解していきます。各分野・各教科の壁を意識しない学習が重要になります。

特徴ある行事や取り組み

地理・歴史・公民道場
中学生が地理・歴史・公民分野で必ず覚えておかなければならない基本事項について、十分身についているか確認するためのテストです。
全問正解に向けて繰り返し行います。
作文・論文コンクールへの取り組み
中3生・高1生・高2生が、夏休みを利用して、人権や税、民俗学や歴史学などに関する各種の作文や論文のコンクールに参加します。
中1社会科フィールドワーク
鎌倉の歴史的な建造物や史跡をめぐったり、産業やまちづくりの観点から実地調査することで、鎌倉というまちの古都の側面と現代的な都市の側面を探っていきます。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

保健体育

保健体育 基礎体力の養成と各種の運動を通じて自己の能力と技術の向上を図ることを目標としています。
加えて各運動の特質を理解して安全性・自主性・協調性を身につけると共に心身の健全な育成を図ることも目指しています。

特徴ある行事や取り組み

救急法
中1で講義、高1で講義・実習を行います。AEDデモ機やレサシアン(人体模型)を使って、心肺蘇生法中心に救急法を学びます。
マラソン大会
中1〜高2で実施します。中学は3.4km・高校は5.5kmの距離を走り、タイムを競います。
中3 遠泳
中3の生徒は全員、7月に逗子湾の約1.5kmの遠泳に挑戦します。中学入学時には泳げなかった生徒でも、温水プールでの授業や夏休みの補習などで体育教員の親身な指導を受けて飛躍的に泳力を身に付け、本番では見事全員が完泳することができます。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

芸術

芸術 「中学音楽」では実技を中心として基礎を学び、「中学美術」では工夫力、正確な認識力、高度な自己表現力を身につけます。
高校では「音楽」「絵画」「陶芸」「デザイン」から1科目を選択し専門的に学びます。

特徴ある行事や取り組み

中1 合唱コンクール
中1の音楽では「合唱」を柱にしており、秋の開成祭の大きなイベントとして、合唱コンクールが行われています。男子校での合唱はちょうど変声期を迎え、難しい面もありますが、みんな一生懸命取り組み、コンクールではすばらしいハーモニーを披露しています。
中1 美術講座
通常の美術の授業は創作活動を中心に行われますが、中1ではその他に年5回、視聴覚機材を活用した「美術講座」が行われ、生徒は、西洋や日本の美術の特徴や歴史について包括的に学ぶことができます。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

技術・家庭科

技術・家庭科 技術科では「知恵を使う、勤勉性を養う・工夫を楽しむ」の3つの力を育てることを目指しています。家庭科では生活の自立と共生のための知識と技術を身に付けることを目標にしています。

特徴ある行事や取り組み

技術
基礎的な知識を実生活と関連付け、生活の知恵を学び、創造すること、完成させることの楽しさを体験します。中でもOPヨット製作実習は本物の船を作る課程の中で、個人の責任と共同作業の重要性を学びます。
家庭科
中学1年では包丁の使い方、中学2年では基礎的な縫物、高校1年では和洋中華料理、和菓子、洋菓子の調理実習、被服製作、住宅ローンや不動産広告の見方など、将来一人暮らしができる力を身につけます。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

情報

情報 情報の授業を通じて、高度情報化社会を生き抜く術、問題解決能力を身につけます。また、現代社会に必須の多彩なプレゼン能力を養います。

特徴ある行事や取り組み

クラス内プレゼンテーション
信憑性のある資料の収集と正確なデータ分析。その分析から何を読み取り、説得力のある発表にするにはどう生かすか。1人1人のプレゼンを生徒同士で相互評価を行い、更なる能力の向上を目指します。
グループでCM動画制作
グループでコミュニケーションをとりながら、企画・撮影・編集を行い1つの動画を仕上げていきます。ここで培った映像制作能力は、文化祭などのイベントの盛り上げに一役買っています。

6年間の授業の流れ

6年間の授業の流れ

ページトップへ戻る