進路指導

まず、人生の意義と将来の夢について考える

進学指導部長からのメッセージ

現役で難関国公立大学に進学する

本校では『現役で難関国公立大学に進学する』ことを進学目標としています。そのために教科、学年、進学指導部が一体となり全力をあげて教育活動をしています。進学指導部は、主要5教科の教科主任がメンバーに入っており、学年主任も進路に関わる重要な会議等には必ず参加します。全学年共通の見解もあれば、学年によって生徒への対応が異なる場合もあります。教科主任、学年主任と連携をとることで、いち早く教員、生徒に様々な情報が届くのです。

6ヵ年一貫をどう過ごすのか

難関国公立大学に合格するにはすべての教科をバランスよく学習することが肝心です。そこで6年間というスパンを3つのステージに分けて考えています。

  • ❶中1~中2では基礎学力を徹底的に定着させます。そのために‘基礎学力試験’を実施しています。日頃教えていることがきちんと身についているかの確認をするためです。生徒には個票を配り、分析をさせます。基準点がクリアできなければ課題を与えたり、補習などを行います。そして受験勉強に突入するまでの「土台作り」をするのです。また、本校ではオリジナル「学習の手引き」をもとに個々に達成できる方法をつかんでいます。
  • ❷中3~高1ではセンター試験に対応できる学力を定着させます。中2から外部模試を導入しています。幅広い難易度の問題により生徒の学力の定着度合いを確認できるのと同時に全国区での自分の偏差値や位置を把握できます。そして何より良問に多くふれる機会を与えています。
  • ❸高2~高3になるといよいよ受験準備期間になります。本校では高3でコース分けが行われますので高2までは5教科をすべてしっかり学習をさせ、国公立に進学するんだという強い意気込みで勉強をさせます。これは最後まで「捨て科目をつくらないで粘り強く頑張る姿勢をつくる」ためです。

教員の創意工夫と地道な努力

本校では週5日制をとっています。土曜日に授業がないので、授業時間数を確保するのが厳しいのですが、教える内容をよく検討し、精選しています。そして合理的かつ質の高い授業を展開しています。また、学校全体が国公立大学進学を目標にしていますので、センター試験対策に非常に力を入れています。「どのように指導すべきか」「どうやって攻略したらいいのか」などを教科内でよく話し合いを行い、生徒に還元していきます。また、教員が、外部模試の結果を分析し、どの程度まで力が付いていて、どこの分野が弱いのかを把握し、その後の授業に生かしていきます。定期試験や基礎学力試験の問題を練ったり、綿密な教材を作成することは大変骨の折れることですが、教員が頑張って苦労した分生徒たちはその期待に応えてくれるのです。

生徒を信じる気持ち

教員側がいかに独自の教材を作成し、質の高い授業を行い生徒に学力をつけさせても、生徒本人が自信を持って力強く戦わなければ何にもなりません。最近は学力の高い生徒に限って、不安を抱え、踏ん切りがきかなかったりして安全志向に走りがちです。これから生きていく中で挑戦する勇気、精神力は必要不可欠です。受験という一つの試練で、少しでもそれが育ってくれればいいと考えています。生徒を信じ「最後まで頑張って戦ってこい」と言ってあげることも必要なことではないでしょうか。

自分の志望大学への進学

ページトップへ戻る