ニュース

第5回全国海洋教育サミット・学会発表

2018/02/22

 2月4日(日)に第5回全国海洋教育サミット(会場:安田講堂/東京大学)が開催され、本校の先端的海洋教育・高校生プロジェクトメンバーが参加し、ポスター発表を行いました。参加は3年連続、3回目の発表になります。

 最前線で研究されている専門家や全国から集まる高校生と交流・情報交換を行いました。

 表現力が求められるこれからの時代や教育において、学校を越え、外部に向けた情報発信・アウトプットの機会は大切です。

 "海"から学ぶ教育効果は測り知れないものがあり、単なる知識の習得や経験にとどまらず、グローバルな視点をもつことにもつながるとともに、専門家へ向けておこなう彼らの挑戦は、確かな自信を生み出すきっかけになっています。

今なお未開拓な面を残し、世界をつなぎとめる"海"をテーマに、これからも表現活動を続けていきます。

XT1F0023.JPGのサムネイル画像  XT1F0028.JPGのサムネイル画像

○タイトル:「乱流の可視化と熱輸送」
眞貝 碧、一色 竜一郎、石橋 優樹、松野 周悟、宮沢 智仁、百瀬 勇気

佐藤 壮竜、秋山 礼、小田 右近、二宮 英士、林 優哉、前田 隆志

教員サイドからは、タイトル:「海洋研究を通じた主体的学びへの導き」 (井川) を発表しました。

※本校は、東京大学海洋アライアンス/海洋教育促進研究センターの海洋教育促進研究拠点として連携事業を行っています。

カテゴリー :
海洋人間学

第65回逗子市内一周駅伝競走大会

2018/02/16

第65回逗子市内一周駅伝競走大会が行われました。陸上部から高校生(A・B)2チーム、中学生(C)1チームの計3チームが出場しました。結果は、Bチームが優勝。大会18連覇を達成しました。続いてAチームが第2位、Cチームが第5位と入賞を果たしました。

Bチーム(優勝)
1区 飯島(高2)
2区 上田(高2)
3区 橋本(高2)
4区 菅井(高2)
5区 大塚(高2)

Aチーム(第2位)
1区 塚田(高2)
2区 平田(高1)
3区 横山(高2)
4区 塚原(高1)
5区 山田(高1)

Cチーム(第5位)
1区 岩本(中1)
2区 藤平(中2)
3区 松永(中2)
4区 増永(中2)
5区 盛田(中2)

ekiden1_re.jpg
<優勝チームの表彰式>

ekiden2_re.jpg

<中学生チームの表彰式>

今大会も沿道でたくさんの方が応援をしてくれていました。
国道を走れる駅伝大会は数少ないので、本校生徒にとって大変貴重な経験となっています。
更なる連覇を目指し、日々練習に励んで参ります。

ekiden3_re.jpg

<表彰式後の集合写真>

タウンニュース陸上_re.jpg

タウンニュース記事(クリックで拡大します)

カテゴリー :
クラブ活動報告

ジャパンメトロポリタン模擬国連会議参加報告

2018/02/13

2月10日(土)、11日(日)に洗足学園高等学校で開催されたジャパンメトロポリタン模擬国連会議に今年も参加いたしました。今年は13名の生徒がペアもしくはシングルで初級と中級の会議に参加し、Best Delegate Award (最優秀大使賞)、と会議をより円滑に進めるためにポイントを掴んだ発言をし議場をリードした大使に贈られるHonorable Mention Awardを受賞致しました。
 この会議は初級、中級、上級のレベル別になっていますが、英語の使用率がほぼ100パーセントで行われる本格的な模擬国連会議となっており、日本語を使いたくなるような場面でも議長によって厳しく制限されています。普段日本語を使って生活する彼らにとって本当に忍耐と技術の必要な会議でした。参加を始めてから3年連続の受賞となります。おめでとうございます!
 3月には校内で逗子開成の生徒による校内模擬国連(日本語メイン)を行います。

newsimgdisp.jpg

カテゴリー :
国際交流報告
学習活動

中学1年生「歌会始の儀」&「年賀状コンテスト」

2018/02/07

中学1年生では自由参加の「歌会始の儀」&「年賀状コンテスト」が行われ、その表彰者が発表されました。

いろいろな可能性を秘めている生徒の新たな能力を開発・発見したいという先生方の思いから"表現のススメ"として企画されました。

冬休みに前に募集され、応募されたものの中から、めでたく金賞に選ばれた作品をご紹介します。

【歌会始の儀】 金賞 3首

・冬の陽に 長く伸びたる 我が影に

        追いかけられて 学び舎に駆ける

(B組 白水 理啓君)

→選評「『我が影に追いかけられて』というのは、心も体も大きく成長する今の自分自身にせかされているような感覚なのでしょうか。学び舎はそんな自分を受け入れてくれるシェルターでもあります。疾走感のある瑞々しい作品です。」

・りんご色 部活終わりの 君の手に

       缶入りスープを かしてあげよう

(E組 二宮 育己君)

→選評「『かしてあげよう』がほっこりしていいですね。『買ってあげよう』ではなく、『かしてあげよう』。大切な友だちと温かさを共有したいという思いが優しく表現されています。それはきっと友だちが隣にいる温かさでもあるのでしょう。」

・合唱祭 がんばって勝てた うれしさで

      クラスの思いが ひとつになった

(D組 石松 慧大君)

→選評「とても直球勝負の短歌です。それだけに合唱祭にかけた思いの強さが伝わってきます。『合唱祭』『がんばって』『勝てた』『クラス』とカ行の音が連続していて、まるで本番の高揚感が再現されているようです。

歌会始担当の貝澤先生(英語科)

「初めて短歌を作った人がほとんどだったと思いますが、さすが逗子開成・・・レベルがとても高くてびっくりしました。」

【年賀状コンテスト】 金賞 4作品

nenga.jpg

↑クリックで拡大します

年賀状担当の岡先生(芸術科)「A組中川君:8匹のちょい悪犬の表情がとても可愛らしいですね。ピンチの時に駆けつけてくれそうな頼もしさです。 H組桑田君:「日の出」の雰囲気が色彩豊かに上手に表現されています。キラキラと輝く瞳に鑑賞者が吸い込まれてしまいそうですね。 H組河野君:鏡餅に負けてしまった犬の表情が面白いですね。背景の空間もよく工夫されています。 B組張君:PCを使用した作品です。寒色系の色を上手に使っています。」

utakai_re1.jpg utakai_re2.jpg

nengazyou_re1.jpg nengazyou_re2.jpg

銀賞・銅賞に選ばれた作品も含め、図書室前廊下に展示をしておりますので、学校へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

nenga.jpg

手作りポスト

カテゴリー :
今日の一コマ

2018年度 中学入試結果

2018/02/06
1次入試2次入試3次入試帰国生入試
入試実施日 2月1日(木) 2月3日(土) 2月5日(月) 12月26日(火)
合格発表 2月2日(金) 2月4日(日) 2月6日(火) 12月27日(水)
募集人数 150名 50名 50名 若干名
志願者数 479 名 383 名 482 名 50 名
名目倍率 3.19 倍 7.66 倍 9.64 倍
受験者数 470 名 345 名 423 名 49 名
合格者数 224 名 84 名 95 名 28 名
実質倍率 2.1 倍 4.11倍 4.45倍 1.75倍
入学者数 123名 72名 73名 12名
合格最高点 407 点 406 点 437 点
合格最低点 307 点 322 点 336 点
合格者平均点 338.9 点 340.3 点 359.1 点
受験者平均点 300 点 290.7 点 299.3 点
国 語 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

131 点

104.8 点

94.6 点

130 点

103.5 点

89.4 点

128 点

107.7 点

95.5 点

算 数 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

150 点

109.2 点

96.2 点

148 点

113.7 点

95.1 点

150 点

120.0 点

100.3 点

社 会 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

82 点

57.9 点

50.9 点

73 点

52.3 点

45.1 点

89 点

60.8 点

49.7 点

理 科 合格者最高点
合格者平均点
受験者平均点

88 点

67.0 点

58.2 点

100 点

70.8 点

61.1 点

87 点

70.7 点

53.8 点

配点と試験時間

国語・算数 各150点 各50分

社会・理科 各100点 各40分
合計500点満点

(A)国語・(B)英語 各60分

算数 60分
面接

カテゴリー :
入試結果
前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る