ニュース

入試当日の緊急時の対応について

2017/02/02

 受験生の皆さんは、入試本番に向けて様々な準備を進めていることと思います。

 

 そこで、入試当日のアクシデントにも慌てずに、これまでの準備や努力が十分発揮できるように、逗子開成では次のような対応をいたします。

1.悪天候や災害・事故により公共交通機関に大幅な乱れが生じたとき

このような多数の受験生に影響があるような事由については、全体の開始時間を遅らせたり、遅れてきた受験生を別室で受験させるなどの対応をとります。

この場合、《学校ホームページ》や受験票に記載されている《音声情報サービステレドーム》によって対応をお知らせいたします。また、首都圏の交通機関に大幅な乱れが生じ、入学試験に影響が出ることが予想される場合は、ニッポン放送(ラジオ)で午前6時〜7時の間、「学校入試緊急連絡放送」が流れる予定です。

「テレドーム」アクセス番号 0180-99-1676 

※IP電話、ひかり電話、PHSと列車公衆電話は不可。プリペイド式携帯電話はドコモのみ。

したがって、このような場合は個々の受験生から学校への電話連絡等は、必要ありません。

なお、神奈川県と東京都の私学協会では、「①軽微な地震により電車などに遅れが生じた場合は、各学校で試験時間の変更などの対応をする。②首都圏のほぼすべての電車が止まり、動き出す見込みがたたないような場合は、入試をすべて中止し、後日一斉に繰り下げて入試を再開する。」という対応をとります。その際には、神奈川県私学協会ホームページhttp://www.phsk.or.jp/index.htmlをご覧下さい。

2.一部の交通機関に乱れが生じて、学校への到着が遅れる場合

事故・災害の様子や遅れの程度など、状況に応じて判断し、対応いたします。

まずは、落ち着いて学校へ連絡してください。

3.その他の事由で、学校への到着が遅れる場合

状況に応じて、対応いたしますので、学校へご連絡ください。

4.発熱・病気・骨折などのケガなどの体調不良の場合

本人が安心して試験に取り組めるように、また他の受験生への影響も考え保健室や別室での受験を認めています。

できるだけ事前に連絡をしてください。あるいは当日朝、試験会場入室前に誘導の本校教員に申し出てください。

試験中に体調を崩した場合も、試験続行が可能なときは、保健室や別室に移動して試験を受けることもできます。決して無理をせず、体調がおかしいと感じたときや心配なときは、早めに試験監督や近くの教員に申し出てください。

 今年もかぜ・インフルエンザ・ノロウィルスなどの流行もあるようです。どうぞ、体調管理には十分気をつけて、万全な体調で試験に臨めるようにしてください。

 また、当日は、朝早く慣れない電車や道路を通ることになりますが、事故やケガのないようにゆっくり落ち着いて登校してください。JR逗子駅や京急新逗子駅から逗子開成までは、多くのポイントで本校教職員が誘導のために立っています。交差点などでの指示に従っていただくとともに、困ったことがあれば気軽にお声をかけてください。

カテゴリー :
入試情報

中学受験生応援メッセージ発信中

2017/01/31

本日より中1生徒による中学受験生応援メッセージ動画
を逗子開成Facebookにアップします。是非ご覧下さい♪

(*2月5日三次入試終了にともないまして、配信を終了いたしました。)

 https://goo.gl/98GIwn

これらメッセージは、受験に向けて不安に思う小学生に

少しでも希望を持ってほしいと思い発信します。

体験には個人差がありますが、受験生の励みになりますように!
頑張れ受験生!!

20170120応援メッセージ.jpg

カテゴリー :
お知らせ
その他の活動

七里ヶ浜ボート遭難事故追悼集会

2017/01/31

1月23日、体育館において七里ガ浜ボート遭難事故追悼集会が開かれました。この日は、逗子開成生徒にとって特別な日です。

受験を目前に控え、家庭学習期間中の高校3年生を含む、全校生徒・全教職員が参列します。この追悼集会は、1910年1月23日のボート遭難事故で亡くなった12名(本校生徒11名とその小学生の弟1名)と、1980年12月に起きた山岳部の八方尾根遭難事故で亡くなった6名(5名の高校生と顧問1名)の御霊を慰めるとともに、2度とこのような

悲しい出来事が起こらないように誓いを新たにするために、毎年行われているものです。

20170123体育館①.jpg 20170123体育館②.jpg

本年は、校史編纂に携わっている教員より、ボート遭難事故の内容・教訓について話がありました。亡くなった方々の遺影等、スライドを通じて紹介されました。また、生徒会長より「八方尾根遭難」の経緯について話がありました。多くの生徒が七里ヶ浜ボート遭難事故については知っていても、八方尾根遭難については事故の経緯をあまり知らないのではないか、との提案から一昨年より実施されています。

講話のあとに、吹奏楽部による演奏のもと、全校生徒・全教職員で黙祷を捧げました。

そして、集会後には、学校長、生徒代表、吹奏楽部が、学校を代表して校内にある「ボート遭難の碑」「いのちの碑」に献花を行いました。

また、稲村ヶ崎の「ボート遭難の碑」にも献花を行いました。

20170123献花①.jpg 20170123献花②.jpg

20170123献花③.jpg 20170123献花④.jpg

語り続けていくことの大切さを改めて考えさせられます。

カテゴリー :
学校学年行事

逗子開成高2生徒×日本学術会議公開ワークショップ

2017/01/24

1月23日(月)に日本学術会議公開ワークショップ
「Future Earth と 学校教育:Co-design/Co-productionをどう実践するか」
が開催され、高校2年生7名が参加しました。

日本学術会議にて2掲載.jpg

前半は6名の先生方の発表を聞き、後半はその先生方とディスカッションを行いました。
わが国でも一流どころの先生方が周りを囲んでいるので、
少々緊張していたようですが、4つの質問をぶつけることができました。
普段の学校生活とはちょっと違い、自分だけを考えるのでなく、
自分をも含めた人類の未来のことを真剣に考えた有意義な時間でした。

カテゴリー :
学習活動

高校3年生激励会PTAご報告

2017/01/24

1月10日、高校三年生の激励会が体育館にて行われました。
和太鼓部の素晴らしい演奏の後、
荏柄天神社にて合格祈願のご祈祷を受けた合格鉛筆が鉄田PTA会長より高校三年生に贈られました。
高校三年生の皆さん全員が実力を大いに発揮して
空前絶後の~!結果が出ますように!

20170110①.jpg 20170110②.jpg

20170110③.jpg 20170110④.jpg

20170110⑤.jpg

カテゴリー :
PTA活動報告
前の5件 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る