ニュース

第3回PTA講座ご報告

2017/02/21

12/10(土)快晴の中、第3回PTA講座「スターバックスコーヒーセミナー」を開催しました。三浦半島のスタバ各店のブラックエプロンの方々が海洋センターに集結です!
産地の異なる数種類のコーヒーで香り・酸味・コクについて学んだり、ローストの違いの比較テイスティングをしたり、どのコーヒーにどのフードが合うかを実際にテイスティングしたり・・海洋センターはコーヒーの香りで満たされ、1日限定のオーシャンビューの「スタバ逗子開成店」に大変身です。
参加者にはお父様の姿も多く見られ、真剣な眼差しでメモをとっていました。
参加者は皆、コーヒーの奥深さに感心し、美味しいコーヒー&フードに大満足でした。アンケートには「楽しかった。来年もぜひ開催して欲しい」との声が多くありました。

スタバ1_re2.jpg スタバ2_re.jpg

カテゴリー :
PTA活動報告

校史余滴 第十一回 田邊家之墓 墓参

2017/02/18

校史余滴 第11回 田邊家之墓 墓参

 2月18日、校友会の方々と鎌倉寿福寺の田邊家の墓にお参りしました。田邊新之助先生の命日2月24日に合わせてのことです。寿福寺南側の細い道を墓所の最奥まで上ると田邊家之墓があります。香華を手向け、逗子開成の今日の様子を報告し、新之助先生及び田邊家の人々の霊を慰めました。
 田邊新之助先生については、東京開成の校長であり、逗子開成中学校・鎌倉女学校を創設したこと、松坡と号し、近代を代表する漢詩人であったことなどがよく知られています。ここでは、先生の後裔を紹介します。
 新之助先生は1884(明治17)年、22歳のときに広島県士族水谷勝貞長女・鍈と結婚し、三男四女をもうけました。長男は絶対弁証法の田邊哲学を確立し、1950(昭和25五)年に文化勲章を受章した元(1885~1962)。次男・至(1886~1968)は黒田清輝に学んだ西洋画家で、鎌倉に住し、日本創作版画協会結成にも尽力し、東京美術学校教授を務めました。三女・よしは野澤氏に嫁しましたが、その子にフランス思想史研究者の野沢協がいます。旧制浦和高等学校で澁澤龍彦と同窓で、「現代フランス文学を読む会」のリーダーでした。また、野沢協は鎌倉小町における初期「澁澤サロン」の有力メンバーでもありました。協の兄は京都大学名誉教授で霊長類研究所の所長も務めた野沢謙。その子、野沢尚は2004年にみずから命を絶った脚本家・推理小説家。田邊新之助の家からは多くの優れた人物が育ちました。

ところで、田邊先生は明治・大正・昭和にわたり鎌倉の文化に大きく貢献し、漢籍を中心とした蔵書の多くが鎌倉市図書館に寄贈されて「田邊松坡文庫」を成しています。来年度、鎌倉市図書館で「田邊松坡文庫」に関するイベントも企画されているようです。

田邊家之墓掲載用.jpg

カテゴリー :
校史余滴

高校マラソン大会

2017/02/16

2月14日(火)高校マラソン大会がShonan BMW スタジアム平塚(陸上競技場)で行われました。

この日はバレンタインデーですが、もらえるのはチョコではありません。完走した達成感と着順カードです。

まずは高校2年生のレースです。逗子開成での最後のマラソン大会ということで気合が入ります。

さらに清水君の5連覇に期待がかかります。

結果

優勝 A組 清水 拓哉(陸上部)  史上初、5連覇達成!

準優勝 G組 深田 祥太郎(陸上部)
第3位 G組 森 基哉(陸上部)
クラス優勝 G組

            

XT1F2826_resize.jpg

続いて1年生の高校スタートです。外周3周は初めてです。

XT1F1795_resize.jpg

結果

優勝 H組 菅井 栄希(陸上部)
準優勝 A組 塚田 萌成(陸上部)
第3位 C組 飯島 康介(陸上部)

クラス優勝 H組

            

XT1F2819_resize.jpg

みなさんおつかれさまでした。次は定期試験ですね。

カテゴリー :
学校学年行事

ジャパンメトロポリタン模擬国連会議参加記

2017/02/16

本校有志の面々が昨年度より参加を開始しました模擬国連会議。今年も2月11、12の2日間洗足学園で開催された生徒主体によるジャパンメトロポリタン模擬国連会議に参加いたしました。昨年の勇気ある先輩たちの思いを受け継ぎ、今年は21名の生徒が参加。去年の秋から準備を重ね、本番に臨みました。

本年も昨年に続き大会で目覚しい活躍をした大使に送られるHonorable Mention Awardを本校中学2年の菊田くんが受賞しました。ほかの大使(参加者)も皆会議で発言し、リーダーシップをとるとともに、全ての大使の意見をまとめるべく積極的に動き回り活躍しておりました。この大会はまだ始まったばかりで、初回は3校からスタートし、3年目の今年は24校が出場する本格的な大会へと成長を遂げています。来年再来年と頑張って欲しいですね。

HP 用 .JPG

カテゴリー :
国際交流報告

逗子開成×第4回全国海洋サミット

2017/02/11

2月5日(日)に行われた第4回全国海洋教育サミットに、本校の先端的海洋教育・高校生プロジェクトの高1の生徒が参加し,ポスター発表を行いました。開催場所は、東京大学伊藤国際学術研究センター・伊藤謝恩ホールです。高1生徒のメンバーのほとんどが、中3の開成祭の発表後も自主的に活動を続け、東京大学海洋アライアンスの日比谷研究室にもおじゃまして日比谷先生や丹羽先生にお世話になっています。発表の際には、お世話になっている日比谷先生、丹羽先生が聞きに来られ、生徒達は大変嬉しそうでした。

IMG_2803aaa.JPG

○「海山模型を用いた乱流による水温分布の変化」
  一色 竜一郎、眞貝 碧、宮沢 智仁、脊山 昭太郎、平林 龍弥、百瀬 勇気


○「60 L水槽を用いた乱流観測法の模索」
  秋山 礼、佐藤 壮竜、二宮 英士、一瀬 優太、林 優哉、小田 右近

・サポートメンバー:大塚 克基、鈴木 剛文、前田隆志、石橋 優樹、松野 周悟

(・教員も「海洋人間学科の取組み」(内田・木村)を発表しました。)

※本校は、東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターの海洋教育促進研究拠点として連携事業を行っています。

20170211サミット①.jpg 20170211サミット②.jpg

カテゴリー :
海洋人間学
前の5件 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

カテゴリ

最新の記事

アーカイブ

ページトップへ戻る